【ZOOM基礎知識】なぜオンラインクラスは30分構成が多いのか?40分の壁を打ち破るオススメの構成案を伝授

最終更新: 4月23日


グループクラスを進行していたら

40分でZOOMが使えなくなった!

調べたら40分以上は有料らしい

60分のクラスは開催できないのかな?

どうすればいいのー!?



こういった疑問に答えます



本記事の内容

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


●ZOOMの基礎知識


●無料プランで40分以上のサービスを

 提供する為の作戦


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


個別相談会でZOOMの使い方について

質問されることが増えてきたので

ZOOMの基礎知識と無料プランでも

40分以上サービスを提供する作戦をお伝えします



オンラインレッスンを開催したい

インストラクターさんにオススメの記事です


【ZOOM基礎知識】なぜオンラインクラスは30分構成が多いのか?


何故、オンラインクラスは

30分構成が多いか気になったことは

ありませんか?



理由としてはグループミーティングの場合

40分を超えてしまうと強制的に

ZOOMが終了となってしまうからです

(マンツーマンミーティングは大丈夫です)



有料プランにすれば

こういった制限を解除することが可能ですが

できれば今の時期にお金をかけたくないですよね



ちなみにZOOMの料金表はこちら

※ZOOM公式サイトから引用




月々2000円でも必要経費はできれば

少なくしたいというのが本音ですよね



では60分のグループクラス提供は

諦めなければいけないのでしょうか?



答えはNOです



無料プランでも60分クラスを

提供できる方法は沢山あるので

今日はそのうちの一つをシェアしたいと思います


40分の壁を打ち破る構成案


例えばこんな方法はいかがでしょうか?



レッスンを

2部構成でレッスンを構築してみます



前半は事前に撮影した

Youtube動画レッスンを見てもらう

後半は動画で実践したことでの

生まれた疑問点などを解決し

前半の動画レッスンの内容を

さらに深める為のリアルタイムレッスンを開催する



この構成ならば40分の壁を

ぶち破ることが可能になります



具体的に説明していきます



前半部分はオンラインで基礎知識を伝授

前半では今日のテーマの基礎となる

ポーズを事前に撮影しYoutubeにUPした

動画を見ながら各自実践してもらいましょう



例えばウォーミングアップをしてもらうために

太陽礼拝(ヨガのウォームアップ)を

各自やってもらいます



参加者全員が決まった時間に

動画視聴を始めて

動画レッスンが終わった方から

ZOOMに参加してもらえれば



全員のウォーミングアップが

完了した状態で

リアルタイムのオンラインレッスンを

始めることができます



このパートは事前準備として

太陽礼拝を個人でも実践できる

動画を撮影しておけばOKです



そして、一度動画を撮影して置けば

何度でも使えるので

普遍的なテーマを扱う場合には

オススメの形となります


後半部分はリアルタイムの良さを活かす


参加者全員がZOOMにログインしたら

前半の自己実践での感想や質問などを

受け付けることからスタートするのも

いいと思います



動画だけでは感じれない細かいことなどを

実践直後に先生に質問できるのは

生徒さんからすると大きなメリットです



質問に答えたら

残り時間をフルで使い応用レベルの

ポーズやエクササイズなどを提供できれば

無料プランのまま満足度の高い

レッスンを提供することができます



ある意味、対面で会っていた頃よりも

メリットを感じる生徒さんも

いるかもしれません



企画してみる価値はあると思います!



まとめ

ZOOM無料プランでも

40分以上のクラスは構成できる



前半はオンライン動画で

基礎知識を学んでもらい



後半ではフィードバックや

応用レベルのレッスンをして

生徒さんの満足度をあげていく



他にもいろいろな方法があると思います!

どんどん試していきましょう



オンライン動画や会員サイトを作りたい方はこちら

https://www.mizuki-yoga.com/bss


合わせて読みたい記事

●Youtubeレッスン動画に差をつける!リアルタイムオンラインレッスンに求めらるスキル3選



●オンライレッスン配信に適した部屋の環境を紹介【自宅をスタジオ化させよう】



オンラインレッスン受講料の受け取り方 オススメのオンライン決済サービスを紹介【すべてオンラインで完結させる】 



ZOOMレッスンを開催するインストラクターに必須!オンライン上で契約書にサインを貰う方法

HOMEスライド画像.png