ヨガフリーランスとヨガ正社員では得られるものが違う メリットとデメリットを比較



ヨガインストラクターになる方法は

大きくわけて2つあります



一つは正社員として

会社に所属して働く方法



もう一つは最初から独立して

フリーランスから始める方法です



それぞれのメリット、デメリットを

比較していきます


正社員でのメリット

  • 専門的な技術を学べる


  • スタジオの運営の仕組みを知れる


  • 安定した報酬 気になる月収は?


この3つを得られるのは大きいのでは

ないかと思います




●専門的な技術を学べる


僕が知っているヨガの会社では

正社員に向けて定期的に研修があります



他にも自社開催のワークショップや

養成講座なども社員料金で受講できるのも

魅力的ですね




●スタジオ運営の仕組みを知れる


独立してから感じましたが

ノーリスクでスタジオ運営の仕組みを

知ることができるのは

本当にありがたいことです



社員になると嫌でも数字と

向かい合うことになり

数字を改善しようと

必死に脳みそを働かせていきます



そうして、日々を過ごしていると

店舗の賃料や人件費などは

嫌でも覚えてしまいます



将来的に独立を考えている方は

そういった店舗運営のノウハウを

安定感のある正社員で学べるのは

ありがたいことなのではないでしょうか




●安定した報酬


説明不要ですね。毎月決まった日に

口座にお金が振り込まれます

家賃手当てがでる会社もあります



多くの場合額面で30万前後では

ないでしょうか


年収にして360万ほどです



正社員のデメリット


  • 拘束時間が長い


  • ヨガ以外の業務がある


  • 当たり前にノルマがある




●拘束時間が長い


これはヨガの正社員だけではないですが

拘束時間は8時間きっちりとあります

残業も加わると更にスタジオにいることに



売れっ子になると残業は当たり前になります




●ヨガ以外の業務がある


メリットの裏返しですが

ヨガ以外の業務が沢山あります



多くの場合一日に最低でも2本の

レッスンをこなしながら

残りの時間はほぼサラリーマンです

会員数を増やす為の戦略会議や

会費に未納がないかなど細々した作業も



こういった経験がフリーランスで

生きてくることもあるので

一概にデメリットとは言えないですが



ヨガだけを教えたい人には向きません




●当たり前にノルマがある


ヨガインストラクターは

営業職です



なぜイントラが営業職なのか?詳細記事⤵

養成講座では教えてくれない インストラクターは営業職だ! 

お客様のNOに耐えれる最強の武器とは



営業職なので数字を見られ評価されます

もし、そういった環境から

逃れようとして

ヨガインストラクターになる場合は

絶望するかもしれません



個人的な意見ですが

会社で数字を伸ばせるイントラは

独立したほうが稼げると思います



フリーランスのメリット


  • 自由な時間設定ができる


  • 安定して稼ぐ方法もある


  • 工夫次第で報酬は正社員以上



●自由な時間設定ができる


フリーランスでは一日に8時間

働かなくても誰にも文句を言われません



午前中だけ働くというのもありですし

休みの日も自分で設定することができます



兼業や副業として初めてみたい方には

オススメになっていきます



一本4000円のレッスンを週末に2本

獲得することができれば

月に32000円の収入になっていきます

副業としては良いのではないでしょうか




●安定して稼ぐ方法もある


フリーランスでも安定し稼ぐ

方法もあります



ヨガで独立開業 安定型フリーランスになる方法


※コロナが流行る前の記事です

 やはり他社スタジオ依存は緊急時に困ることも

 沢山出てきます。

 そういった事も含めて読んで頂けると

 参考になると思います



目安として

専業でやる場合は一日に3本以上は

レッスンをこなす必要がありますが



一本のレッスン単価が4000円だとして

4000×一日に3本=12000


12000×週に5日稼働=60000


60000×週4=240000 という計算です



一日4本こなせば報酬は上がりますが

体力的にはかなりきついことを

覚悟してください



僕の体感としてホットヨガと常温ヨガでは

体力消費の仕方にかなり違いがあります



ちなみに4本こなすと


月収は32万


年収計算で384万です




●工夫次第で報酬は正社員以上


正社員の平均給料を30万とすると

フリーランスでは正社員以上に

稼ぐことも可能です



僕がオススメするのは

やみくもにレッスン数をこなすのではなく

自分で商品を作っていき販売する

という手法をオススメしています



詳しくはこちら⤵

「フリーランスのヨガインストラクターってきつい」←の勘違いをぶっ壊す


自分の商品を作ることで

フリーランスとして売り上げを上げる

方法をお伝えしています



フリーランスのデメリット


  • 社会的な信頼は低い


  • 保証は一切ない



●社会的な信頼は低い


もし、今からフリーランスになる方は

クレジットカードを作成しておくことを

本気でオススメします



フリーランスになってしまうと

基本的に社会的な信頼の低さから

クレジットカードを作ることができません



他にも引っ越しができなくなったりと

ローンが組めないなどの審査があるものは

基本的に通らないと考えたほうが良いです



楽天カードだけは

フリーランスになっても唯一作ることが可能でした



すでにフリーランスの方で

クレジットカードを作成したい方へ

(確実に審査に通るわけではないです)



●保証は一切ない


この記事を書いているのは

2020/3/06ですが



コロナの影響で多くのスタジオが

休館となっています



休館となり強制的に休職になった方も

僕の知り合いでたくさんいます



正社員であれば何らかの

保証があるかもしれませんが

フリーランスではまったくありません



こういった緊急事態を乗り越える

工夫を常にしておくことが必須となります



まとめ

僕は両方とも経験していますが

二つの働き方で得られる経験値は

まったくと言ってよいほど違います

選択した働き方で最大限学べば

デメリットはほとんど気になりません



ですので

どちらの働き方も正解不正解はなく

自分らしく生きられる働き方を

選ぶのが正解かなと思っています



楽しいヨガインストラクターライフを

過ごしていきましょう!

HOMEスライド画像.png