%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%

養成講座では教えてくれない インストラクターは営業職だ! お客様のNOに耐えれる最強の武器とは

営業と聞くと嫌悪感を抱く方も

いるのではないでしょうか



実際に就活生や転職者からは

「営業に配属されるくらいなら

 別の会社を探す」と言われるほど

嫌われやすいようです



では、多くの方が憧れる インストラクターという職業は 営業と無縁なのでしょうか 【答えはNOです】 イントラも営業からは逃げられません



また、売れっ子イントラは

必ずと言ってよいほどに

営業をしています



イントラは営業職だと

言い切る僕の実体験と

お客様のNOを乗り越える

最強の武器とは


ーーーーーーーーーーーーー

  イントラは営業職だ

ーーーーーーーーーーーーー



僕がヨガイントラになった時は

営業や社会のしがらみなどから

解放されて、ヨガを教えることだけに

専念することができるのだと

思い込んでいました



はい、思い込みでした!

イントラになった10年前から

今日まで営業をし続けています



会社員の時は会員数のノルマや

レッスン受講者のノルマを

達成するべく毎日レッスン後に

声かけをしましたし



声をかけるお客様のリストも

作っていました



フリーランスになった初期には

他社スタジオに雇ってもらうべく

自分を売り込んでいました



現在でも自分のスタジオに

来ていただけるように

色々な方法で営業をしています



僕はイントラになり

ヨガの勉強と同じくらい

どのようにすれば集客できるのか

つまり、上手に営業できるのかを

常に学び続けてきました


ーーーーーーーーーーーー

  NOと言われ続る

ーーーーーーーーーーーー



営業に苦手意識を持つのは

お客様に明確にNOと言われるから

ではないでしょうか



正直、僕も相当にへこみます

人から拒絶される仕事なんて

誰もやりたくないですよね



ですが、稼ぐイントラは

NOを聞くまで提案を続ける

ことができるイントラです



あるデータでは

営業成績が良い営業マンと

営業成績が悪い営業マンを

比較したときに



営業成績が良い営業マンの方が

NOを言われた回数が多いことが

判明しています



さらに詳しく見ていくと

成績の良い営業マンは

一人のお客様にNOと言われるまで

様々な商品を売り続けているそうです



NOを聞くまでは

一人のお客様にセールスし続けて

一人当たりの単価を上げていく

という手法を取るそうです



稼ぐイントラも

グループレッスンに来てください!

マンツーマンレッスンを受けてください

集中講座を受けてください



などなど、一度YESを引き出したら

NOと言われるまで提案が続きます

つまり、必ずNOと言われる時が

くるのです



ある意味NOを聞くまでが仕事で

NOを聞き出すまでは提案不足だと

考えるとNOを聞くとやり切った感が

でてきます



逆に稼げないイントラは

最初からNOを恐れて声をかけないので

売上を上げることはできません


ーーーーーーーーーーーー

  営業の強力な武器

ーーーーーーーーーーーー