養成講座では教えてくれない インストラクターは営業職だ! お客様のNOに耐えれる最強の武器とは

営業と聞くと嫌悪感を抱く方も

いるのではないでしょうか



実際に就活生や転職者からは

「営業に配属されるくらいなら

 別の会社を探す」と言われるほど

嫌われやすいようです



では、多くの方が憧れる インストラクターという職業は 営業と無縁なのでしょうか 【答えはNOです】 イントラも営業からは逃げられません



また、売れっ子イントラは

必ずと言ってよいほどに

営業をしています



イントラは営業職だと

言い切る僕の実体験と

お客様のNOを乗り越える

最強の武器とは


ーーーーーーーーーーーーー

  イントラは営業職だ

ーーーーーーーーーーーーー



僕がヨガイントラになった時は

営業や社会のしがらみなどから

解放されて、ヨガを教えることだけに

専念することができるのだと

思い込んでいました



はい、思い込みでした!

イントラになった10年前から

今日まで営業をし続けています



会社員の時は会員数のノルマや

レッスン受講者のノルマを

達成するべく毎日レッスン後に

声かけをしましたし



声をかけるお客様のリストも

作っていました



フリーランスになった初期には

他社スタジオに雇ってもらうべく

自分を売り込んでいました



現在でも自分のスタジオに

来ていただけるように

色々な方法で営業をしています



僕はイントラになり

ヨガの勉強と同じくらい

どのようにすれば集客できるのか

つまり、上手に営業できるのかを

常に学び続けてきました


ーーーーーーーーーーーー

  NOと言われ続る

ーーーーーーーーーーーー



営業に苦手意識を持つのは

お客様に明確にNOと言われるから

ではないでしょうか



正直、僕も相当にへこみます

人から拒絶される仕事なんて

誰もやりたくないですよね



ですが、稼ぐイントラは

NOを聞くまで提案を続ける

ことができるイントラです



あるデータでは

営業成績が良い営業マンと

営業成績が悪い営業マンを

比較したときに



営業成績が良い営業マンの方が

NOを言われた回数が多いことが

判明しています



さらに詳しく見ていくと

成績の良い営業マンは

一人のお客様にNOと言われるまで

様々な商品を売り続けているそうです



NOを聞くまでは

一人のお客様にセールスし続けて

一人当たりの単価を上げていく

という手法を取るそうです



稼ぐイントラも

グループレッスンに来てください!

マンツーマンレッスンを受けてください

集中講座を受けてください



などなど、一度YESを引き出したら

NOと言われるまで提案が続きます

つまり、必ずNOと言われる時が

くるのです



ある意味NOを聞くまでが仕事で

NOを聞き出すまでは提案不足だと

考えるとNOを聞くとやり切った感が

でてきます



逆に稼げないイントラは

最初からNOを恐れて声をかけないので

売上を上げることはできません


ーーーーーーーーーーーー

  営業の強力な武器

ーーーーーーーーーーーー



NOと言われるのは

気持ちの良い物ではありませんが

なぜ、営業を続けることが

できるのでしょうか



それは、NOと言われる

恐怖を打ち倒す、強力な武器が

あるからです



その武器とは

【使命感】です



お金うんぬんではなく

本気でこの人を救いたい

自分なら可能であると思えば

何度でも提案をすることができます



アイフォンを作った

アップルではアップル製品の

熱狂的なファンを採用するそうです



ある意味アップル信者のような人を

採用すると、そういった人は

アップル製品が世界を変えると

本気で考えているので

100%お客様の役に立てると信じ

営業をする際に微塵も躊躇がないそうです



あなたも自分のスキルに自信があり

自分がお客様を変えることができると

心の底から思えた時に



NOと言われることを恐れずに

お客様の為に躊躇なく

営業ができるはずです


ーーーーーーーーーーーーーーー

  偽りの武器に注意する

ーーーーーーーーーーーーーーー



使命感は他人から

無理矢理押し付けられた場合

まったく効果を発揮しません



商品に対する自信がなかったり

本気でお客様の為になると

自分が心の底から感じていないと



いくら上司から綺麗な言葉で

「これがお前の使命なんだ」と

言われても



どこか違和感を覚えて

思いきった営業をすることが

できなくなります



本心の部分では

どうせ売り上げの為でしょ?と

モチベーションは下がり続けます



誰かに売るように強制され

こういった感覚を感じる場合

それはあなたが売るべき商品では

ない可能性があります



イントラは営業の連続ですから

自分が心のそこから信じる商品を

売ることが売れっ子イントラへの

近道となります


HOMEスライド画像.png