CMから学ぶ情報発信術!いつまでも印象に残る情報発信をしよう

あなたの中で印象に残るCMに

どんなCMがあるでしょうか?



印象に残るCMは

ふとした時に商品のことを思い出させ

買う確立をぐっと引き上げる

効果があると言われています



面白い工夫をしているCMとして

青汁のCMが印象的です



青汁のCMは

農家のおじいちゃんとおばあちゃんが

苦労して一生懸命働いているという

長いストーリーが語られたあとに

短い時間で元気の秘訣は青汁です!!


という流れになっています

なぜ青汁の良さを説明せずに

老夫婦のストーリーに

多くの時間を使うのでしょうか


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

  なぜ商品の説明をしないのか

ーーーーーーーーーーーーーーーーー



まったく車に興味がなくても


「車を買ったら家族と出かける

 機会が増えて毎週の休日が

 楽しみでしかたないよ!!

 今度のドライブで●●まで行くよ!」



こういった友人の言葉を聞くと

ちょっと車が欲しくなります笑



友人の語るストーリが魅力的なほど

自分もそのストーリーを体験したくなり

商品を購入したくなります



逆に、同じ車をオススメするでも



「この車は●●馬力で

 エンジンはナンタラターボで

 タイヤのリムにはナンチャラ合金!

 今までのシリーズ最高傑作だよ」



こういった説明では

まったく興味が沸いてきませんよね

オタクかな?関わらないでおこう

となります



どんなに良い商品やサービスでも

人間は商品の詳細に

興味を持つのではなく



その商品を手に入れたことでの

ストーリーに共感したときに

始めて購入を検討する言われています


ーーーーーーーーーーーーーーー

   ストーリーを語ろう 

ーーーーーーーーーーーーーーー



第二次世界大戦で何万人もの人が

犠牲になりました



これを聞いた時に人は

「そんなに人が亡くなったんだ、

 当時の人は大変だったろうな」



くらいの共感しか

持つことがありません

しかし、同じ戦争の出来事でも



特攻隊の隊員が出撃前に

お母さんに宛てて書いた手紙を読むと

その隊員に強く共感し感動して

涙を流してます



人間は大きなできごとより

個人のストーリーに

強く共感し感情を揺さぶられます



ですので、歴史の教科書ように

ただ事実を数値や情報として

知るよりも、個人のストーリーを

聞いた方が印象に残るのです



ですから商品の良さを熱く語るより

自分やその商品にある

ストーリーを語った方がお客様の

印象に残すことができます



青汁のCMで

商品の説明をせずに

老夫婦のストーリーを語るのは

この為なのです


ーーーーーーーーーーーーーーー

自分の商品のストーリーを語ろう

ーーーーーーーーーーーーーーー



自分の商品にストーリーは

あるでしょうか?

すぐに思いつかない方は

大きな企業のCMを見てみると

面白いと思います



最近では缶コーヒーのCMでも

ストーリーが使われていますね

寒い街中で働く人が描かれており

缶コーヒーを差し入れされて

温かい気持ちになりながら

美味しそうにコーヒーを飲んでいます



あんなCMを見せられたら

寒い時に無意識にコーヒーを

買いたくなりますよね笑



缶コーヒCMのように

共感できれば印象に残ります!

別に涙を流すほどの感動は

なくてもいいのです



あなたの商品にも

きっと面白いストーリーが

あるはずです!



商品ができるまでの過程や

自分が苦労したこと

そして、それを解決した方法

などを思い出してみてください

出来ればそれを紙に書き出す事を

オススメします



紙に書くと整理しやすくなるので

いざ、人まで話す時に

迷子になりにくくなります



人が強く共感してくれるような

ストーリーができたら

あなたの商品は選ばれやすく

なっていきます

HOMEスライド画像.png