やらない言い訳は無限に見つけられる


人は誰しもが

自分の人格の中に

成長したい前に進みたいと

思う人格と

現状のまま

特に何もせずに過ごしたい

という怠惰な人格が

あります

人間は現状維持が

好きな生き物ですから

怠惰な自分の

囁きに引っ張られることも

多いのではないでしょうか

ーーーーーーーーーーーーーーー

 現状に満足していると

 怠惰な人格が出てくる

ーーーーーーーーーーーーーーー

やらなければいけない事を

やるかどうか迷っている時は

たいして緊急性のない時が

圧倒的に多いです

そして、そんな時は人は

やらない言い訳を見つける

名人になってしまいます

お金がない、時間がない

他の予定がある

今は忙しい

などなど

とにかくやらない言い訳を

あちこちから引き出してきて

やらない自分を

正当化しようとしてしまいます

変わることを

早急に求められるような

状況ではない場合

つまり心の奥底で

現状に満足している場合には

よほど強い意志がなければ

人はてこでも動きません

ーーーーーーーーーーーーーー

  緊急性を持たせると

  人は動くしかなくなる

ーーーーーーーーーーーーーー

僕は自分に怠惰な部分が

あることを嫌というほど

知っていたので

まず最初に

自分が強制的に変わるしかない

環境を作り出しました

自分が納得できる

準備が出来たら

働き方を変えよう!!

と考えていましたが

そんな状態は待てど暮らせど

やってきません笑

準備と理想の状態を逆転させて

まずは準備ができていなくても

理想とする生き方に

切り替えました

ちなみに僕が理想とする状態は

・長時間労働はしない

・家族との時間を取れる

・出勤しない

・自分が好きな仕事しかしない

といった感じでしたので

まずは出勤しない状態を

強制的に作り出しました

そうなると

当たり前ですが仕事がなくなるので

出勤しなくても稼げる状態を

早急に作りだす必要があります

この状態では

怠惰な僕は黙るしかなくなります

ここで言い訳をするようなら

後は大人しく死ぬしかありません

強制的に努力するしかない環境は

怠惰な僕を黙らせることに

成功したのです

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 理想に死ぬか、不満を抱え生きるのか

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

理想を追い続けても

基本的には死ぬことはありません

本当です大丈夫です

自分に怠惰な人格があると

判っている方は

準備➡理想の状態

の順番でなく

理想➡準備の

順番がオススメです

この時に必要なのは

ただ一つ覚悟だけなのでは

ないでしょうか

覚悟さえ決めてしまえば

やるべき行動や必要な知識は

絶対に自分から学び始めます

僕が無理矢理独立した時に

貯金が毎月減っていくのは

自分の命が尽きていくような

感覚さえあり

非常に強いストレスを感じました

似たような状況で

怠惰な自分でいられる人は

まずいないのではないでしょうか

つねに

火事場の馬鹿力を使える状態は

驚くべき速さで成長できます


HOMEスライド画像.png