働き方を見極める どの時間に投資するのか


僕はフリーのヨガインストラクターとして

働いている時に

常に不安を感じていました

ケガや病気で働けなくなったら

どうしよう

歳をとっても

レギュラーレッスンを

週に何本も持っている

今の働き方を続ける

ことはできるのだろうか

フリーランスインストラクターといば

聞こえはいいけど

働き方がアルバイトと

変わらないな・・・。

などなど沢山の不安を抱えていました

そんなチキンな僕だからこそ

自分の時間の使い方を

真剣に考え始めたのかもしれません

1日の時間は

誰がどう頑張っても

24時間しかありません

何かの仕事を選ぶということは

その仕事に対して

時間を投資しているわけです

ある意味では

僕たちの貴重な人生の

一部である時間を投資することは

お金を投資するよりも

慎重になる必要があるかもしれません

昨日のブログで

教科書を作りましょうという

内容の記事をUPしました

様々なメリットがあることを

書きましたが

一つデメリットを上げるなら

【すぐにお金にならない】

ではないでしょうか

当たり前ですが

自分自身のオリジナルな

教科書を作成している時間には

誰もお金を払ってくれません

それにくらべて

レギュラークラスなどは

一時間のレッスンを担当すれば

すぐにお金を頂けるわけです

(正式にもらえるのは給料日かもしれませんが)

ここですぐにお金がもらえる

レギュラーレッスンだけを

どんどん増やして

忙殺されていけばどうなるでしょうか

僕が最初に書いた

不安から一生解放されることは

ありません

基本的にレギュラーレッスンは

自分の現在時間を投資することで

お金を得ています

なので、いくら収入が高くても

働くのを辞めた瞬間に

収入は途絶えます

逆に教科書作成など

自分が過去に作ったツールは

一生涯自分に富をもたらしてくれます

実際に僕が過去に作った何冊かの

教科書はレギュラーレッスンの収入を

大きく上回る富を僕にもたらしてくれました

この経験から

僕は働き方の時間にも種類があることを

強く実感したのです

自分の現在に時間を使う働き方

【現在時間】の投資は

収入は早く貰えるが

金額は少ない

自分が一生涯使えるツールを作成する

自分の過去の時間が収入を生み出す

【過去時間】への投資は

すぐには収入は入らないが

その後に大きな利益をもたらしてくれます

僕も現在時間で稼ぐ働き方を

手放す時には非常に怖かったのを覚えています

ですが、このまま何もせずに

未来を変えないことのほうが

よっぽど怖かったのです

いきなり全部の働き方を

変える必要はありません

もし現在時間の働き方に

忙殺されているのなら

ワンレッスンだけ

手放し

週に一時間だけでも

過去時間が富を生み出す

仕組み作りの時間を

取ってみるはいかがでしょうか


HOMEスライド画像.png