ダイエットとビジネスは同じ


ダイエットとビジネスは似たところがあります。

それは両方とも数値管理をすることで

目標を達成していくということです

運動を指導する、インストラクターやトレーナーは

自分やお客様の体重や体脂肪を管理し減らすことは

本当に得意です

2ヶ月後までに〇〇キロ痩せなければいけない場合は

中間目標や、一日の摂取カロリー、消費カロリーなどを

事細かに計算して目標を達成していきます

こういった意味では

本来インストラクターやトレーナーは数字に強い

仕事ですらあるかと思います

しかし、いざビジネスになると

極端に数字を見るのが苦手になる方も

いるのではないでしょうか

お客様の入会率や退会率という意味ではありません

自分が頂く報酬のことについてです

お給料一つ考えても

月に20~30万頂くことが決められていて

毎月ほぼ決まった金額が頂けるので

お金に関する中間目標や、行動計画を立てずに

会社やスタジオから指示された仕事をこなす状態

これはある意味で思考停止状態であり

カロリー計算や体重管理をせずに

ダイエットするようなものです

そして何故お給料が増えないのかと頭の片隅で

常に疑問と、将来への不安を感じている

これは過去の僕のことです

実際に僕は長い期間この状態で働いてきました

会社員の時もそうですし、フリーランスの時も

基本的にお給料は横ばいの状態でした

この原因はいくつかあると思います

原因1

【月給、時給で働いているから】

会社員のときは月給、フリーランスの時は時給で働いていました。

これは、僕が自分が生み出す価値ではなく

働いた時間で報酬を頂いていたということです。

基本的に時給の仕事は変わりの人員はいくらでもいる

ことが多いのではないでしょうか

残念なことに時給でのワンレッスンの報酬は

どれだけ素晴らしいスキルを発揮したかではなく

スタジオの中に一時間いたことで払われています。

仮に10分で肩こりを完全になくしたとしても

「素晴らしい結果です。帰ってもらっていいですよ」

とはなりません。

これが価値ではなく、働いた時間で報酬を頂く状態です

もし、本当に肩こりで悩んでいる方が

あなたの肩こり解消プログラムを探し出して

受講し、肩こりが完全になくなった場合には

仮に高額でプログラムが10分だとしても

誰も文句は言わないのではないでしょうか

会社員もある意味では毎日8時間という

時給で働く状態を20回繰り返し

月給を頂く状態です

時給で働いてしまうと

まとまった報酬を頂くには

長時間労働が基本になるので

お金と時間から自由になることが難しいことがわかります

原因2

【一社と雇用契約を結んでいるから】

一つのスタジオや、会社と契約を結んでいれば

基本的には安く買い叩かれます

複数のお客様(会社)がいることで

いくつもの収入の柱を持つ事ができるし

過剰な要求も拒否することができます

もし今の契約に対して不満や不当だと感じるなら

さっさと契約を解除して

納得のいく高値で契約してくれる人を探すべきでしょう

複数のお客様(会社)と契約をしていれば

いつでも辞めるという選択肢を持つ事ができます

そして、自ら辞めるという選択肢持つことで

あなたは自由を手に入れることができます

こうなるとお客様(会社)はあなたを大切に扱うようになります

原因3

【出社しているから】

移動時間は基本的に価値を生み出しません。

自分が出向くのではなく、オンラインか、お客様に来てもらわなければ

あなたの貴重な時間はどんどん奪われていきます。

仮に毎日一時間の通勤時間で

年間260日働いたら

年間260時間という一生取り返せない

貴重な自分の時間を失うことになる

260時間という膨大な時間を

もっと自分の価値を高めたり

困っているお客様の為に使うことができれば

自分の価値は上がります。

この2つの働き方は自分の価値を最大限発揮するのは難しい

ある意味ではオーナー(社長や資本家)に依存することになるので

自分で自分の給料を決めることができません。

つまり、自分の価値を安売りしてしまっているのです。

自分の能力と自分の報酬が比例しない働き方になってしまいます

もし、あなたが稼ぎたいと強く思っているなら

・時間ではなく、提供する価値で報酬を決める働き方

・複数のお客様を持つ働き方

・移動を前提としない働き方

この3つを意識し

目標とする報酬に対しての行動計画を立てれば

希望する報酬を得ることができるかもしれません。


HOMEスライド画像.png