習うより慣れろ 脳に騙されるな!!


多くのことに挑戦してきました。ヨガやピラティス、スタジオ運営やホームページの作成、独立したことでお金の勉強も必要になりました。聞き慣れない単語のオンパレード確定申告効率的な資産運用。他にも沢山のことに挑戦してきましたが、ゼロから学び始めることを何度も繰り返すことで見つけたある法則があります。それは、下手くそでも良いので実際にやってみて慣れたほうが良い経験を積めるということです。

僕は新しいジャンルに挑戦する時は入門書レベルの本を3冊読むようにしています。3冊読むと入門書レベルの本では多くの共通項がみつかり、その分野の大枠が理解できるようになり、聞き慣れない専門用語も理解できるようになってきます。ですが、ここからが大切です。ここで理解した[つもり]になって行動しないと大体3日もせずに頭から抜け落ちていきます。一週間後には覚えたはずの専門用語もすっかり忘れてしまいます。

僕が気を付けていることは、本を3冊読むプラス即行動をワンセットにすることです。本を読んで「あーいい内容だな。自分の人生に生かしたいな」で行動まで落とし込まないと多くの場合は勉強した時間が無駄に終わります。即行動に移して自分の生きた知識として取り込むのです。

本では多くの情報が提供されていますが、実際に行動してみると、本当に必要な部分や覚えるべき単語はそれほど多くないということに気づきます。さらに行動が日常に浸透してくると、押さえるべき肝の部分が理解でき入門書を卒業してもう一段回専門的な参考書や教科書の内容が理解出来るようになっていきます。さらに行動の精度をあげてこのサイクルを繰り返せば勉強した内容は自分の人生に必要不可欠な頼れる武器となっています。

大切なのは情報を得たらすぐに行動に落とし込むことです。行動なしでの習得は難しいものがあります。さらに脳は厄介なことに何度も読み込んだ教科書や情報は見慣れた感覚が生じて、脳がそれを真の理解と取り違えて、自分は理解して習得していると錯覚をしてしまいます。

ですが、やはり理解している[つもり]なので生兵法となり、いざ使おうとした時に満足使いこなせずに終わります。生兵法は大怪我の基です。

現在では本当に多くの有用な情報が溢れており、気軽に情報に触れることができます。

多くのダイエット本が本屋に並んでいますが、それでも健康に痩せたいという人は後を絶ちません。それは何故でしょうか?やはり、情報を知っているだけでは痩せることができないのです。情報の取得と行動をワンセットにする習慣をつけてより良い人生を切り開きましょう!!


HOMEスライド画像.png