働き方改革 ヨガを副業にする


働き方改革で副業が認めらるようになってからお客さんに

ヨガを副業にしようと思っているんです。と相談されることがあります。

ここ最近で劇的に増えてきました。

お客さん「瑞希さん、実は副業でヨガのインストラクターになろうと思っています」

僕「おっいいですね!!」

お客さん「まずは養成講座を受けようと思っています。そこからオーディションを受けて、土日だけでも働いてみようと思うんです。」

僕「ちょ、ちょっと待ってください!!アーダーコーダーだから、アーダーコーダーですよ!!」

お客さん「そ、それもそうですね、ちょっと質問させてください!!アーダーコーダー」

このくだりを今週だけで既に3回やりました。

細かい箇所に違いはありますが大筋この流れです。

もちろんヨガ指導者になる夢は全力で応援したいのですし僕も仲間が増えるのはとても嬉しいことです。だからしっかりと伝えたい!!

しっかりと準備をしないと・・・・。

【必要のない、努力をする必要が発生します】

【あなたは最安値で買い叩かれます】

今日はそんな準備についてのアドバイスをしたと思います。

まず、最初に質問・・・・

ヨガインストラクターをボランティアでやりたいですか?または稼げるプロとしてやりたいですか?

もしあなたの答えが後者であればこのまま読み進めてください!!

もし前者であれば戻るボタンをお願いします!!

ではプロ志望の方または現在プロの方の為に続けて行きます!!

ヨガインストラクターになる為に最初に養成講座を受ける方がほとんどだと思いますが

現在の養成講座の受講料は平均50万前後のようです。自己投資として高額な受講料をみなさん払いますが、その受講料何年後に取り戻すか考えたことはありますか?

現在都内のワンレッスンでの平均フィーは3.000円です。

土日に1本ずつ担当できたとして1週間で6.000円。1ヶ月で24.000円です。1年で288.00円。貴重な土日に毎週フルで出勤して単純計算で2年かかってようやくトントンってところです。さらにこれはすぐに担当できるレギュラーレッスンが見つかればの話しです。

ヨガスタジオにはほぼ毎週新しい履歴書が届きます。ディレクターとして新規スタジオをオープンさせるときには1週間で100人オーデションを担当したことがあります。1時間3000円のフィーを巡って100人と闘うわけです・・・。なんという倍率。

ようやく合格しても1時間で3000円です。前後に移動やお客さんの対応で1時間は拘束されるわけですから時給にすれば1000円です。

50万投資して時給1000円はかなり辛いですよね。無資格でもできるバイトでも同じかそれ以上に稼げます。

これ副業として効率が良いのでしょうか?こう考えてみるとかなり微妙ですよね。

経験を積むためには仕方がないと割り切れれば良いかもしれませんが、本当にその努力は必要なのでしょうか。

僕は根性論でがむしゃらに頑張れ!!と言いたくないので、

しっかりと準備をすること推奨しています。

今回は重要な準備の一つをお伝えします。

【とことん自分の強みを生かしたワークショップまたは独自プログラムをつくっておく】

私には無理だわ・・・。だってまだヨガの初心者だから。って思わないでくださいね!!

このアドバイスは9割の方は私には無理という反応が返ってきますが、果たして本当にそうでしょうか?

まず、その固定概念をぶっ壊しましょうよ。

ヨガの勉強はこれからも続けていくのは大前提として

あなたが今までの人生で積み上げてきたスキルや、自分が学びたい既存の知識などをヨガを合体させてみてください。あなただけのオンリーワンのプログラムが作成できます。

ヨガだけで勝負しようとするから難しいのです。価値を組み合わせて提供すればあなたの人生の経験を欲しがる人は必ずいます!!

ダンスとヨガ混ぜたっていいじゃないですか!!

介護の経験からシニアヨガを進化させてもいいじゃないですか!!

オフィスで働く同僚が本当に喜ぶプログラムを作りましょうよ!!

ダイエットを成功させた経験とヨガの知識を混ぜてもいいと思います!!

身体の不調を治したその方法を広めましょうよ!!

まだまだ無限に講座は作れます。あなたの経験からあなただけの講座を作ってみましょう。

あなたの人生の経験は3000円なんて安価な価値ではないはずです。

10,000円の講座を作れば月に1回開催で毎回10人集客できれば5カ月で回収です。

1年では投資額は回収しさらに70.000万の利益が出ています。

もし具体的な方法が知りたい方はご連絡ください!!


HOMEスライド画像.png