最速で10倍の結果を出す他力思考 紹介



もしインストラクター全員が

他力思考を持つ事ができたら

日本は健康な人であふれると

感じられる一冊でした



というのも、自力思考では

頑張れば頑張るほどに

成功が遠のいていく理由が

インストラクターの働き方

そのものを表していたからです



インストラクターは技術職という

側面もあり、ある意味職人です

自分のスキルに自信があるからこそ

他人に任せることなんて、できない

という人も多いのではないでしょうか



ですが、自分の苦手な分野や

持っていないモノは

他人の力やモノを使うことで

自分の得意分野を伸ばしながら

今以上の結果がでることが

わかりやすく書かれています


この本では自分が望む結果を出す為に

7つの他力思考が紹介されていました



1.人の頭を使う


2.人の時間を使う


3.人のお金を使う


4.人の手足を使う


5.人のエネルギーを使う


6.人の人脈を使う


7.人のモノを使う



こういった他力を使うことで

自分一人では到底達成できない

目標を達成できると

紹介されているのですが



僕らインストラクターは

レッスン一つで考えてみても



自分の頭で考えたレッスンを


自分の時間とお金を使い

スタジオに出勤し


自分の手足とエネルギーを使い

レッスンをします



これだけでも

インストラクターという職業が

どれだけ自力思考で働いているのかが

わかってきます



自力思考は1馬力

他力思考は100馬力

と書かれていましたが

まさしくその通りで



僕自身も一人でこまごまと

仕事をしているときに比べて

妻と一緒に仕事をするようになってから

一人の頃よりも数倍の結果が

でるようになっています



僕は機械オンチなので

web関連は全て妻に任せていますが

僕が苦手分野を一から勉強するよりも

はるかに時短ですし、僕が作るよりも

圧倒的に完成度が高く魅力的です



さらに妻が作るホームページや

web上に公開している動画などは

僕一人が飛び込み営業をするよりも

はるかに多くの人に告知をすることが

できるようになりました



妻とインターネットという

他力を借りたことで達成できた成果で

僕一人では絶対に

作れなかった成果です



本の中ではお金を出して

人を雇うこと以外にも

他力を使う色々な方法が紹介されています



インストラクターが

すぐに使える方法として

自分の専門性を相手に提供して

対価として相手の専門性を貰うという

方法があります



僕がビジネスを勉強し始めた頃

お金は全くなく、相手に提供できるのは

お金ではなくヨガの知識だけでした



どうしても勉強したい分野がある場合

「心身のパフォーマンスを向上させるから

 ●●について教えてください!!」

と頼み込んだことがあります



幸いなことにビジネスの業界には

健康や心身のパフォーマンスに

興味のある方がたくさんいるので

快くOKしてくださり

専門知識の交換をすることができました



こうして他人の頭を使い

自分一人では思いつかないような

発想でビジネスを成長させることが

できたのです



僕のような人間を信頼してくださり

交換を認めてくれた方には

感謝しかありません




今、思い返してみれば

ステージアップする時には

いつも他力思考でした



自力で考えていると

間違えるか、行動できないかの

どちらかでした笑



本の題名にも納得です



役に立つノウハウが沢山

つまった本書ですが

僕が一番印象に残ったことは



著者の小林正弥さんが

非常にヨガ的な思考だなと

感じたことです



正直ビジネスというと

お金めがけてまっしぐら

というイメージでしたが

本書の中で


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


他力思考へ考え方を変えてから

世界が全く違って見えました

競争という殺伐とした世界から

分かち合いの幸せな世界に変わったのです


そして、すべてと繋がり

「必要なものは全部ある」

という感覚に包まれるようになりました


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ヨガインストラクターなら

共感していただけると思うのですが

非常にヨガ哲学的だと思います



ビジネスの知識だけではなく

日常生活での気づきも

与えてくれる本です!

HOMEスライド画像.png