旅するヨガインストラクター 異文化に触れて刺激を受ける 海外旅行は脳トレだ!

最終更新: 2月21日

日本の当たり前が

海外では通用しないことを

ここ数日間で痛感しています



レストランで水は出てきませんし(有料です)

マッサージを受けるだけでも

パスポートを見せるように言われました



異文化に触れて明らかに脳が疲労を

感じています



在宅インストラクターから

旅インストラクターへの転身を

決意した今日このごろ


ーーーーーーーーーーーーーー

 日本の常識は海外の非常識

ーーーーーーーーーーーーーー



18歳で上京してから

ほぼ10年間、すべてのことを東京で

済ませるような生活をしてきたので

東京の当たり前で凝り固まっています



東京(というか日本)では

レストランで水が無料で提供されますし

おしぼりが有料ということもありません

人々は横断歩道を渡りますし

タクシーのドアは自動で開閉します



これ、海外はでは当たり前では

ありませんでした笑



レストランで店員さんが無言で持ってきた

ピーナッツを無料だと思い食べていたら

がっつり料金を請求されました。



さらに、使ったおしぼりを指さして

「お前、おしぼり使ったな?有料だぞ」


ーーーーーーーーーーーーーー

  基本、トライ&エラー

ーーーーーーーーーーーーーー



実は初日にウォシュレットを誤作動させて

全身びちょびちょになっています



日本の流すレバーがあるところに

ウォシュレットの起動ボタンがあるのです



僕はこれから海外のトイレでは

見慣れないボタンは押さないと心に決めました

こういった経験は日本にいては

絶対にできませんよね



僕は失敗はできるだけ沢山した方が

良いと思うタイプなので、失敗大歓迎です



慣れない土地に行くと色々な失敗ができる!

これが海外旅行の面白い所であり

脳トレになると感じる部分なのです


ーーーーーーーーーーーーーー

 明らかに脳が冴えわたる

ーーーーーーーーーーーーーー



海外旅行に来ると明らかに脳が

活性化していることを感じます



見慣れない土地で見慣れない料理

聞きなれない言語、見慣れないボタン



「ここはどこだ?安全なのか?」


「これは食べて平気なのか?腹を壊さないか?

 まずは匂いを嗅いでみよう。あれヤバイかな?」



聞きなれない言葉を話す相手や

初めて聞く音に全神経を集中させ

聞き落さないようにする



明らかに脳トレな環境です

その証拠に夜になると強烈な脳疲労を感じます



身体は日本でも鍛えられますが

こういった経験をすることで

五感を刺激し脳を活性化させることができます



日本は良い意味で安全すぎて

刺激がない部分もあるので

今後は定期的に海外旅行に行き

脳を鍛えようと決意をしました!

HOMEスライド画像.png