安売りイントラを抜け出し 秒速で価値を生み出す 経験の積み重ね

ピカソの有名なエピソードで

仕事の価値について考えさせられる

エピソードがあります



ピカソが市場を歩いていると

ピカソの大ファンだという女性が現れて

用意した紙に絵を描いてくれと

お願いしたそうです



ピカソは絵を描き終えると

「この絵は100万ドルです」と言い

女性に渡しました



すると、女性は


「この絵が100万ドル!?

 あなたはこの小さな絵を描くのに

 たった30秒しかかかっていないではないですか」


と言いました



ピカソは

「30年と30秒だ」と答えたそうです


ーーーーーーーーーーーーーーーー

自分の価値は作業時間で測れるのか

ーーーーーーーーーーーーーーーー



僕がピカソと同じセリフを言うのは

とんでもなく、おこがましいのですが



ピカソ風に

僕のレッスンの価値を言い表すなら

「10年と1時間です」



確かに目の前にいるお客様と

一緒にいる時間は1時間ですが

この1時間のクオリティーを作り上げる為に

10年間身体の勉強をしてきています



無限にあるポーズやエクササイズの中から

その方にあったポーズを提供するのは

今までの経験や知識をフル活動し

現時点での最善の手を尽くしています



これは僕だけではなく

他のインストラクターさんや

パーソナルトレーナーさん

の全員がそうなのではないでしょうか



ですが、契約の時に

その積み上げてきた経験を

配慮してくれる人は多くいません



ピカソですら100万ドルは高いと

言われてしまうのです



自分の価値は自分で決めなければ

他人には単純な作業時間で

報酬を決められてしまいます


ーーーーーーーーーーーーーー

  誰に売ればよいのか

ーーーーーーーーーーーーーー



もし、あなたの目の前の

知らないおじさんが現れて

(実はピカソだったとしても)



「この絵は100万ドルです」



と言われたら

なんだかヤバイ人が現れたと

警戒しますよね



僕たちは基本的に他人が

どんなサービスを提供しているかに

まったく興味を持っていません



どれだけ価値が高くても

自分にとって必要なければ

まったく欲しいとは思いません



ですが

もし、ピカソの大ファンで

ピカソが目の前の現れて

描いた絵を手渡しで渡してくれるなら

100万ドルは安いと感じる人も

いるかもしれません



何が言いたいかというと

欲しい人には金額は関係ない

ということです



あなたからしか買えない商品は

高額を払ってでも、あなたから

買う人が現れます



本当に必要な人に

感謝をされながら売ることができたら

こんなに嬉しい事はないですよね


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 必要な人に届くように発信しよう

ーーーーーーーーーーーーーーーーー



あなたの商品を

必要としている人がいます



それはあなたの近くにいるかも

しれませんし



まだ会ったこともない

見知らぬ人かもしれません



そういった人達が

あなたを見つける為には

常に自分がどういった商品を

販売し助けとなれるのかを

発信し続ける必要があります



今の時代SNSなどを使えば

一瞬で世界中に情報を届けることができます



あなたのことを本当に必要としている人に

自分の存在をアピールし続けなければ

あなたにたどり着くことはできません



情報発信にメンタルブロックが

ある人もいますが大丈夫です!!

基本的にあなたの仕事に興味のある人は

いません笑!!



僕の場合ブログを始めて3ヶ月は

おそらく誰も読んでいませんでした笑

ひとつの記事の閲覧数が

10あればよいほうでした



読んだ人数を知り絶望しましたが

必要な人に届けてば良いと考え

ブログ投稿を数カ月続け必要とする人に

届けることができました



必要な人に売る場合は

あなたの価値を理解して買ってくれます

労働時間ではなく価値を売ることが

できるお客様と出会いましょう!

HOMEスライド画像.png