人生を楽しくする人の時間術 自ら余裕をなくす人の時間術

最近妻に「落ち着いてきたね」

と言われるようになってきました



ふと思い返してみたのですが

最近では妻とのケンカもなくなった気がします



一番ケンカが多かったのは

お金にも時間にも余裕がなかった

独立したての頃でした



あの頃は何故、あんなにも余裕が

なかったのかが最近になって

よくやく分かるようになってきました


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

   時間の余裕=心の余裕

ーーーーーーーーーーーーーーーーー



独立したころは

とにかくレッスンをバンバン詰め込んで

朝から晩まで働いていました



結婚したこともあり

妻を守らねばならないと

自分の時間を限界まで切り売り

していたのです



結果として妻とケンカが多くなるので

本末転倒だったのですが

当時はそれがわかっていませんでした



特に日本人に多いと言われていますが

仕事を効率化し時間ができると

さらに新しい仕事を追加して

無限に仕事量を増やす傾向があるそうです



仕事を効率化した結果

仕事を増やすのでは仕事地獄に

陥ってしまい、いつまでも

忙しいまま働き続けることになりますよね



過去の僕がそうであったように

バンバン仕事を追加すると

常に仕事に追われ、心の余裕がなくなります



では仕事を効率化したら

新しくできた時間は何に使えばよいのでしょうか



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 人生を楽しくする自由時間の使い方

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



先程もお伝えしましたが

自由時間に仕事を入れ込むと

人生が仕事にまみれて忙しくなり

文字通り心を亡くします



では人生をイキイキと生きる為には

どのように自由時間を使えば

よいのでしょうか



●自己投資

僕は元ゲーマで止められなければ

何時間でもゲームに没頭していました



特にドラクエなどのゲームで

レベルが上がる瞬間が大好きで

レベルが上がった瞬間に流れる

音楽を聞くとテンションがあがります笑



人間は自己成長を認識できると

満足する生き物だと言われています



今はゲーマーを卒業しましたが

ドラクエのレベルアップの音楽を

現実の世界でどれだけ鳴らすことが

できるのかに挑戦しています



本を一冊読めば、あの音楽が

学べば学ぶごとに、あの音楽が

脳内で響き渡るのです



自分がレベルアップしていくので

仕事の質もどんどん変わっていきます

正確に時短で終わらせることが

できるようになり



さらに自由な時間を僕に与えてくれます



大人のなってようやくわかったのですが

ゲーム主人公をレベルアップさせるくらいなら

人生の主人公である自分を

レベルアップさせたほうがよいですね



スマホを本に持ち替えて

自分自身がレベルアップしていきましょう



●娯楽

趣味や娯楽に時間を使っていますか

もちろんゲームをするのも良いと思います

良いゲームは感動を与えてくれます



ですが、娯楽にも種類があり

Youtubeでの動画視聴や

スマホをぽちぽちするゲームなど

受け身の娯楽はただ時間を浪費することに

なっていきます。つまり

自己投資に繋がっていかないのです



現在僕は妻と週に一回

何かしらのスポーツを楽しんでいます

スポーツは身体能力も強化してくれますし

頭もすっきりするので

娯楽でもあり自己投資にも繋がっています



僕の中では読書も娯楽なので

遊び楽しみながら成長している感覚が

非常に強いといえます



すべてを自己投資に繋がる娯楽に

する必要はないと思いますが

自己投資に繋がる娯楽をしている時は

罪悪感がまったくありません

せっかく人生の貴重な時間を使うのですから

心のそこから楽しめるものを選んでみましょう


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

   忙しくない自分を許す

ーーーーーーーーーーーーーーーーー




定時に帰り

その後は自分の時間を楽しむという

当たり前のことが

日本ではホワイトなどと言われ

まるで、特別なことのように

捉えられています



僕ら日本人は勤勉で真面目と

言われていますが

それは長時間働くことを

意味しているのでしょうか



僕は絶対に違うと思います



人間が死ぬ瞬間

自分の人生を生きなかった

他人の為に人生を使ってしまったと

後悔することが多いようです



もし、僕が独立したての頃と

同じ働き方を死ぬまで続けていたら

自分を犠牲にして家族の為に必死で働き

自分が本当にしたいことを

できなかったと後悔をするような

しょぼい男になっていたと思います



今でも家族の為に働くという想いは

まったく変わっていませんが

時間の使い方を変えたことで

自己実現をしながら働くことができています



きっと僕が死ぬときに

働く事に囚われた人生だったと

後悔することはないと確信しています!

HOMEスライド画像.png