骨盤と肋骨を離そう


ちょっとイメージして欲しいのですが

狭い部屋に大人数と一緒に押し込まれている環境で仕事するのと

広くて綺麗なオフィスに自分のデスクが確保されている環境で仕事をするのはどちらが快適でしょうか。

そうですよね。多くのかたは後者を選ぶと思います。

しかし、私たちは日常生活で無意識に身体の一部を狭い部屋で働かせていることがあります。

その環境で働かせられているのは・・・。内臓さんたちです。

内臓さんたちも狭い部屋で働くとパフォーマンスが低下します。

ここは人間と同じなんですね。

ですので内臓さんに広くて綺麗なオフィスをプレゼントしましょう!!

具体的には骨盤と肋骨を離すことが重要です。骨盤と肋骨が近すぎると

横隔膜の天井と骨盤底の床が内臓さんを圧迫してしまいます。

猫背などの姿勢を慢性的に取り続けると骨盤と肋骨は近づいていきます。

実際に試してみてください。姿勢を正した状態と猫背での骨盤と肋骨の距離を意識してみると明らかに違いを感じるはずです。

ヨガやピラティスで骨盤と肋骨を離す姿勢を作るポーズやエクササイズが多いのは

内臓のことも考えられているからなのです。

内臓さんが過労にならない為に少しだけオフィスを整える意識をもってみてください!


HOMEスライド画像.png