【簡単で効果絶大】誰でも30秒で前屈が柔らかくなるストレッチ攻略法

更新日:5月19日

身体が硬すぎて

前屈しても指が床に着かない

ストレッチも挑戦してみたいけど

どれでもこれも難しすぎる!

どうしたらいいのー?


こういった疑問を解消し

すぐに効果を感じて頂けるストレッチ法をお伝えします


本記事の内容

・実践エクササイズの紹介

・前屈を深めたい方が伸ばす筋肉

・瞬間的に柔らかくなる秘密


前屈ストレッチは

ちょっとしたコツさえあれば

誰もが瞬間的に効果を感じられるようになります

どれだけ身体が硬くても大丈夫です!

挑戦してみてください!


実践動画はこちら

前屈を深める為に柔らかくしたい筋肉

開脚前屈をするためにターゲットとなる筋肉は1つ


・ももの裏側の筋肉(ハムストリング)


これらの筋肉に狙って

ストレッチをかけることができれば

誰でも前屈はできるようになります


ももの裏側の筋肉(ハムストリング)

ももの裏側の筋肉が固いと

骨盤を前に傾けるのが難しくなります


前屈が苦手な人の共通点は


骨盤を前に傾けるが苦手


という点につきます


ちなみに、ももの裏側の筋肉は

腰痛にも関係していますので

慢性的な腰痛でお悩みの方には

ゆるめておきましょう!


なぜ瞬間的に柔らかくなるのか

筋肉は自分を守るための機能として


使われ過ぎると緩まろうとする性質があります


今回のストレッチでは

その筋肉の性質を利用して


手と足で押し合いをして

ももの裏側の筋肉を一度緊張させることで

緩みやすい状態を作りだし

みなさんの前屈が瞬間的に深まっていきました



逆に筋肉は自分を守るための機能として


伸ばしすぎると縮まろうとする性質もあります


グイグイ無理矢理なストレッチを

してしまうと逆効果になりますので注意が必要です

全身に応用が可能です

この理論は全身に応用が可能です

こちらの動画では首の可動域を瞬間的に上げる

方法をお伝えしています


首凝りや肩こりの方へもオススメの動画になります


これであなたも全身が柔らかくなる

身体の機能を知っていれば

辛すぎるストレッチをしなくても

身体はどんどん柔軟になっていきます!


全身に応用させてガチガチボディーから卒業しましょう!


​あなたの悩みをオンラインで相談

図3.jpg

​YouTube動画まとめ