テクニックはいらない!想像力を働かせてセールスの苦手意識を克服する


正直な話し

僕はセールスがとても苦手でした

自分のスタジオに来てもらう為に

お知らせをLINEする時も

セールスLINEをして嫌われないか

一時間悩んだ挙句

送らなかったこともあります笑

そんな僕でしたが

今ではセールスがとても好きですし

自信を持ってお客様に

提案することができます

この変化を遂げることができたのは

一人のお客様との出会いでした

ーーーーーーーーーーーーー

  セールスは貢献活動

ーーーーーーーーーーーーー

そのお客様が僕のスタジオに

来てくださったのは

ちょうど二年程前の事です

その方はヨガを始めたばかりで

最初は他の先生から

ヨガを習っていたようですが

アジャストが原因で首の骨を

痛めてしまうという事を経験されています

痛めてすぐに病院に行き

ヨガはしばらく休むことと

首を固定するギブスを

しばらくつけることを

お医者様から言われていました

病院の帰りに

僕のスタジオに寄ってくださったのですが

お医者様から言われたことを

僕に伝えてくれる時に

本当に悲しそうな顔をされていたことを

今でも鮮明に覚えています

お医者様からはやめるように

言われていましが

このまま僕が

「ヨガをしばらく休みましょう」

と伝えることは

直感的に間違えていると感じました

というのも

ヨガをしなくなってしまった

その方の未来が

一瞬想像できてしまったのです

その想像は妄想や空想かもしれませんが

どうしても僕は放っておくことが

できないと感じてしまったのです

今思い返すと

この時ほど自然にセールスできたことは

ありません

いえ、セールスしているという

感覚すらありませんでした

100%その方を思い提案することが

できたのです

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

目の前のお客様があなたのサービスを

受けないとどうなってしまう?

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

この出来事から

僕はセールスに対する苦手意識が

まったくなくなりました

自分のスキルに自信があるからこそ

もし目の前のお客様が

自分のサービスを受けないと

どうなってしまうのか想像できるからです

自分のサービスを受けることで

確実に今より良い状態になれるなら

僕がセールスを躊躇する必要はありません

あなたも自分の商品やサービスが

提供できないと

目の前のお客様がどうなってしまうのか

想像してみてください

このイメージが働くと

自分が嫌われるなどという感情は

本当にどうでもよくなります!

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 セールスにテクニックはいらない

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

セールスが苦手だった僕は

本で沢山のセールステクニックを

学びました

ですが今、そういった内容は

ほとんど覚えていません笑

もちろん、まったくない

というわけではありませんが

それよりも大切なことがあるのです

というよりも

沢山のテクニックが掲載されている本でも

「最終的にはマインド!」

みたいな結論の本が

多かった気がします笑

小手先のテクニックに走って

「売り付けてやろう」と

考えてセールスするよりも

どうしたら

目の前のお客様の役に立てるのかを

考えながらのセールスのほうが

自分もやりがいを感じることができます

このマインドセットは本当にオススメです


HOMEスライド画像.png