雇われない!出勤しない! 小規模スタジオ運営の極意


5人がキャパの

小規模なスタジオを

運営して3年ほどたちました

お陰さまで

お客様にも恵まれ

小さなスタジオにも関わらず

安定して利益を出す事ができています

僕が満員電車から解放され

家族との自由な時間を

手に入れることができたのは

このスタジオがあるからです

スタジオ運営について

相談されることが多いので

今日は個人でもスタジオを

安定して運営する方法を

お伝えしようと思います

ーーーーーーーーーーーーーーー

大規模スタジオVS小規模スタジオ

ーーーーーーーーーーーーーーー

正社員時代から現在に至るまで

多くのスタジオの

オープンにかかわってきましたが

大規模なスタジオでは

初月から利益>経費にするのは

本当に難しいです

一等地にキャパ40名規模の

スタジオを構えたとして

毎月の家賃だけでも100万以上します

家賃だけで考えても

これは個人レベルでは

かなり大きな数字ですよね

他にも初期投資には多額の

費用が必要になってきます

しかし、小規模なスタジオでは

都内でも家賃を10万前後に

抑えることが可能ですし

ヨガなどであれば初期投資も

マットやプロップスを用意しても

10万前後ではないでしょうか

僕の場合

マット5枚 プロップス人数分

鏡などの家具をそろえても

10万前後だったと思います

ーーーーーーーーーーーーーー

 初月から利益>経費にする

ーーーーーーーーーーーーーー

これは理想を語っているのではなく

マストの目標です

初月から利益を出せる

仕組みを構築しておく必要があります

その為には

1回で●●●円という

従来のフィットネス業界の

薄利多売のスタイルは

オススメできません

何故かと言えば

どんな経営でも共通することですが

毎月の経費は1年先まで

ほぼ固定です

仮に10万円の部屋を借りたとしたら

1年間で120万円の

経費は確定しますよね

それに対して一回で●●●円

というスタイルでは

1年間の利益は確定してきません

大きく売り上げる月もあれば

落ち込む月も出てきます

これでは常に追われるような感覚から

抜け出す事ができないのです

仮に当月売り上げ達成できたとしても

月が変わればまた新しい目標向かって

走り続けなければいけません

ではどのようにして

安定した利益を

作ればよいのでしょうか

ーーーーーーーーーーーーーーーー

  高額×長期継続講座を作る

ーーーーーーーーーーーーーーーー

ライザップでは

基本料金が35万

サプリやプロテインを入れて

50万円のパッケージがあり

2ヶ月目以降は

出た結果を維持する為の

継続コースがあります

ちなみに

その継続コースに入会すると

年間で100万円程かかります

仮にあなたがこのプログラムを

作れたとして

家賃が毎月10万円の

スタジオを借りていた場合

スタジオをオープンした初月に

2人に販売できたとしたら

年間の売り上げは200万ですので

初月から1年先まで

利益>経費の図式を

作り上げることができます

1年間の利益が80万確定するので

無駄遣いしなければ

破産することはありませんし

精神的な余裕もあり

目の前のお客様に集中することが

できるようになります

インストラクターでも

自身のバックエンド商品を持ち

販売することができれば

経営はぐっと楽になります

1回で3000円という

フロントエンド商品だけでは

数をこなす必要があり

大きな利益も出しにくいので

いくら小規模スタジオといえど

家賃の為に長い時間働くような

状態になってしまいます

ぜひバックエンド商品を作り

余裕をもったスタジオ運営を

してみてください!


HOMEスライド画像.png