こだわりを伝わりやすい言葉に変換する


ヨガインストラクターが

提供するものは

概念であったり感覚であったりと

抽象的なものであることが

多いのではないでしょうか

・今、ここに集中する

・毎日幸せに過ごせるようになる

・マインド穏やかになる

こういった言葉は人によって

意味の捉え方が変わってくる

言葉です

僕も自分のサービスを

具体的に説明する為に

抽象的な概念をわかりやすく

言語化したことで

自分では気づいていなかった

どういったお客様に

サービスを提供したいのか

なぜ自分にはそれができるのかが

明確になっていきました

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 自分のサービスは

 わかりやすく説明しよう

ーーーーーーーーーーーーーーーー

お客様に選ばれる

インストラクターになる為に

自分の強みを持っているのと

同時にそれを分かりやすく

説明する必要があります

自分の事を全く知らない人に

自分のサービスを説明する時には

できるだけ具体的な

言葉を使いましょう

基本的に他人は自分の

サービスには興味がありませんから

わかりやすく関心を引く

言葉がおすすめです

例えば

ヨガをすることで

心身が整い幸せな毎日を

イキイキ過ごす事ができます

よりも

3ヶ月で体重が-5キロ

ウエストが5cm細くなります!

後者のほうがどういった

サービスを受けられるのか

サービスを受けることで

自分がどうなれるのか

より明確にイメージできます

真髄の部分を

簡単な言葉にまとめることが

難しいかもしれませんが

色々な角度からサービスを

見つめ直していくと

わかりやすい言葉が

出てきます

目安としては

小学校高学年の子供にも

わかるくらいが

ちょうど良いと言われています

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 自分のサービスを書き出してみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ヨガを指導すると

一言で言っても

みなさんこだわりがありますし

独自の手法を使っているはずです

そういった自分の

手法やこだわりを

一度すべて書き出してみましょう

どんなプロセスで

あなたが提供する結果を

得てもらうのかを

細かく書き出します

ただポーズを取って終わり

という訳ではないはずです

ひとつひとつのポーズには

ポーズをする目的があり

ポーズをすることで

得られる結果まで

導いているはずです

その意図を書き出して

みましょう

【一回のセッションの中で】

●何をするのか?

●なぜするのか?

●どのようにするのか?

これらを書き出すことで

お客様のアンテナに

引っかかる言葉を

見つけることができるように

なっていきます

ーーーーーーーーーーーーーーー

 自分の強みには気づきにくい

ーーーーーーーーーーーーーーー

人間は自分の強みには

自分では気づきにくいと

言われています

思考を紙に書き出すと

自分の頭だけで考えていた

状態とは違う感覚を得ることが

できるようになります

書き出した言葉を観察すると

自分の強みに気づく

きっかけを与えてくれますし

改めて自分のこだわりも

再認識できるようになります

並んだ言葉を見ながら

強みやこだわり

真髄の部分はそのままに

どうしたらお客様に

わかりやすく伝わるのかを

考えてみましょう

ーーーーーーーーーーーーーーーー

  誰でも同じ意味に捉える

  言葉を使う

ーーーーーーーーーーーーーーーー

分かりやすい説明には

数字などの浅い言葉を

使うことをオススメします

浅い言葉とは誰が聞いても

同じ意味に捉える言葉のことです

-5cmは誰が聞いても

-5cmですし

体重は誰が聞いても

体重です

深い言葉を

使ってしまうと

一気に抽象度があがります

例えば

幸せという言葉は

深い言葉です

幸せの定義は人それぞれ

違うので

聞く人によっては

サービスの捉え方が変わって

しまいます

さっそくサービスを

わかりやすく説明してみましょう!


HOMEスライド画像.png