信頼残高と預金残高は比例する 信頼残高を積み上げる


信頼残高とは

周囲の人がある人の事を

どれだけ信頼しているのかを

表した言葉です

例えば全く見ず知らずの人に

「これすごくいいよ!」

と何かの商品を

オススメされるよりも

信頼している友人に

「これすごくいいよ!」

とオススメされたほうが

素直に買ってみようと

思えるのではないでしょうか

信頼残高が溜まっているか

いないかでセールスの

成功率は圧倒的な差がでてしまうのです

ーーーーーーーーーーーーー

  信頼残高を溜めよう

ーーーーーーーーーーーーー

サービスを提供している人は

言うまでもなく

信頼残高が高い方が

選んで貰える確率が高くなります

最初に会う段階では

その人の経歴や実績などで

信頼残高は決まりますが

その後は付き合っていく過程で

信頼残高は増えもしますし

減ることもあります

例えば遅刻をしまくる人であれば

どれだけ初期の信頼残高が

高く溜まっていたとしても

すぐに残高はゼロに近づいていきます

信頼残高がゼロの人からは

基本的に何かを買いたいとは

思いませんし

ビジネスパートナーにするのは

絶対に嫌なはずです

しっかりと信頼を積み重ねれば

残高は増えていきますから

お客様が喜ぶことを

なんども積み重ねれば

少しのミスなら笑って許して

もらえますし

紹介などもしていただけます

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

他人の信頼残高を借りることができる

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

紹介は

既存のお客様の信頼残高を

借りることができます

既存のお客様に真摯に向かい合い

結果を出す事ができれば

既存のお客様は(Aさんとしましょう)

「このサービスは自信を持って

 友人に紹介できそうだ」

と思って頂けるはずです

そうなると、そのAさんは

知人や友人に

「こんなサービスがあるけど

 効果もでるしオススメだよ」

と紹介をしてくださります

Aさんに

信頼残高が積み重なっている場合

自分にはまったく信頼残高がない場合でも

Aさんの信頼残高を借りて

サービスを提供することができます

そうして新規でBさんが来てくださり

今度はBさんも紹介をして下さったと

しましょう

すると

AさんもBさんも通っているなら

あのサービスは信頼できそうだなと

二人の信頼残高を借りて

サービスを検討してもらうことが

できるようになります

ーーーーーーーーーーーーーーー

預金残高は貸すとなくなるが

信頼残高は貸してもなくならない

ーーーーーーーーーーーーーーー

信頼残高の良い所は

他人から借りても

自分が貸しても

なくならないところです

それどころか

良いサービスを紹介できれば

さらに信頼してもらえるので

貸す側も借りる側も

WIN-WINになれるのです

お金を貸すことは

返ってこないリスクなどが

あると思いますが

信頼残高はいくら貸しても

基本的にはなくなりません

増えて返ってくることも

あるのですがら

信頼残高はバンバン貸して

ドンドン借りましょう

信頼残高が溜まれば

預金残高も増えているはずです!


HOMEスライド画像.png