好きこそ物の上手なれ 無意識にPDCAを回していたものを思い出す


小さい頃

ゲームに熱中して

徹夜をしてしまうことが

よくありました

徹夜をすれば

身体には疲れが残ってはいるものの

その疲れさえもどこか心地よく

明日の学校のことなど忘れて

後先考えずに熱中していたのです

そんな子供でしたから

友達と集まってゲームをすれば

負け知らずでした

まさしく三度の飯より

ゲームが好きな子供だったのです

ーーーーーーーーーーーーーー

好きならば勝手にPDCAを回す

ーーーーーーーーーーーーーー

現在僕が熱中できているもの

それは仕事です

仕事に熱中していると

ふと少年時代のゲーム攻略を

思い出すことがあります

僕はある対戦ゲームで

世界ランカーになったことがあります

この時の結果の出し方と

ビジネスでの結果の出し方が

まったく一緒だと感じるのです

熱中すると上達の仕方は

まったく一緒なのです

今振り返ってみれば

僕がランカーになったときには

とんでもないスピードで

PDCAを回していました

あの感覚を仕事にも

持ってくることができれば

仕事で成果がでないわけがありません

僕は雇われ指示された仕事を

こなしていた時には

そこまでの情熱を持つ事が

できなかったので

非常に平凡な成果しか

出すことができなかったのです

ーーーーーーーーーーーーーーー

 少年のような経営者がいる!

ーーーーーーーーーーーーーーー

尊敬する経営者に

少年のように話す方がいます

もう仕事が大好きで大好きで

仕事の話をすると

とたんにイキイキと話し始めます

お話しを聞いていると

仕事が大好きなことが

本当によく伝わってきます

その様子は

まるで好きなことを夢中で話す

少年のようなのです!

その経営者はPDCAを回す

大切さを僕に教えてくださいます

先日はこんな例え話を僕に

してくださいました

~~~~~~~~~~~~~~~~

仕事は子供の頃にやった

ドラクエに似ている

どんなモンスターが出てきても

大丈夫なように準備をしているし

強敵が出てきた場合には

試行錯誤を繰り返す

~~~~~~~~~~~~~~~~

僕もゲーム少年だったから

分かります

そんな感覚で仕事ができたら

絶対に楽しいということが!!

ーーーーーーーーーーーーーー

ビジネスもゲームも一緒!?

好きこそ物の上手なれ

ーーーーーーーーーーーーーー

あえてゲームの話を基準に

お話をしてみようと思います

僕が世界ランカ―に

なったときの方法は

●【まずは世界一位をまねる】

装備する武器から戦略まで

自分の意思はまったくいれませんでした

とにかく徹底的に真似ました

そして、その人が配信している動画を

何度も何度も繰り返し見て

何を考えながらプレイしているのかさえも

研究していったのです

●【一度信じたら戦略は変えない】

世界ランカ―と同じ装備をしたところで

すぐに結果がでるわけではありません

「あれ、ぜんぜん勝てないぞ

 僕には使いこなせないのかな」

などと考えて少しアレンジをしたくなりますが

装備は絶対に変えません!

ランカーの足跡をたどるように

ランカーが通った試行錯誤の道を

自分も経験するのです

●【対戦相手を徹底的に知る】

世界ランカ―になった時に

次に相手が何をしてくるのか

8割ぐらいの確立で予想できました

「あのキャラクターはこんな

 戦術を使ってくるぞ!

 だからこうやって備えよう」

すべて把握したとき

相手の行動で驚くことはなくなりました

●【勝ちパターン、負けパターンを知る】

当時はPDCAという言葉は

使っていませんでしたが

思い返すととんでもない

スピードでPDCAを回していました

負ければ何故負けたのか

勝てば何故勝てたのか

負けは同じ負けを繰り返さないように

勝った時に同じパターンで勝てるように

ゲームをしていない時も

常にゲームのことを考えていました

ーーーーーーーーーーーーーー

   仕事に応用する

ーーーーーーーーーーーーーー

ここまで書いて

自分がどれほどゲームが好きだったのか

改めて感じることができました笑

そして、今まで書いたことを

僕は間違いなくビジネスでも

実行しています

ビジネスでも言葉は違えど

●【メンターを真似る】

●【一度信じたら変えない】

●【顧客を徹底的に知る】

●【勝ちパターン、負けパターンを知る】

という僕の戦略は変わりません

もし寝る間も惜しんで

熱中したことがあれば

どんな方法で上達したのかを

思い出してみると

新しい発見をすることができます!


HOMEスライド画像.png