やらないことを決めるのが【戦略】 出勤しないインストラクターになる


インストラクターとして

一番忙しかった時期には

他社スタジオで週に20本近くの

レッスンを担当していました

ある程度のまとまった金額は

稼げていたものの

自分の時間はほぼゼロ

代行を依頼すれば

休んだぶんだけ

報酬が減るという状態で

とても長期休みなどは

取れる状態ではありませんでした

ーーーーーーーーーーーーーーーー

インストラクターは何故忙しいのか

ーーーーーーーーーーーーーーーー

レギュラーレッスンが収入の

メインになっている

インストラクターは移動も多いです

僕の場合は交通費を浮かせる為に

都内を自転車で移動していました

電車や自転車で

移動している時間を

計算してみたことがあるのですが

なんと一週間で約6時間も

他社スタジオへの移動に

時間を使っていたのです

出社時間は基本的には

生産性がありません

そんな時間を

一週間で6時間

一ヶ月であれば24時間

生産性のない時間を

過ごしていたことになります

常に忙しく

時間がないと感じるのも

無理はないと思います

24時間あれば

本当に色々なことができますし

失ってしまった24時間は

一生取り戻すことはできません

ーーーーーーーーーーーーーーーー

   出勤しないと決めた

ーーーーーーーーーーーーーーーー

移動が前提の働き方では

報酬は増えていかないと

感じた僕は

自分の働き方として

決まって時間に決まった場所に

出勤するのはやめようと

決断をしました

これは自分の受け取る報酬を

【労働時間】ではなく

【価値】を提供することで

出勤の有無に関係なく

受け取るという覚悟を

決めた瞬間でもありました

今では決まった場所への

出勤はほぼないので

家で作業やレッスンをすることが

増えてきています

今まで出勤に使っていた

24時間が自由に使えるようになったので

自分自身の生産性が

大きく向上したことを感じています

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

  何を手放すのかを決める

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

週に20本のレギュラーレッスンは

僕に安定収入をもたらしてくれました

正直な話、生きているだけなら

充分な状態を作ることができていました

ですが、常に働き休みがなく

自分がしたい勉強もできない状態に

なにか違和感を感じ

現状を変えなければいけないと

強く感じたのです

そこで安定収入である

レギュラーレッスンを手放すことで

時間を確保し

自分の価値を最大限提供できる

仕組み作りに

時間をかけることにしました

安定収入を手放すことは

非常に勇気がいることでしたし

とてつもない恐怖と戦うことになりました

結果としては

安定にしがみついていた頃の自分よりも

報酬を伸ばすことに成功したのです

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

   少しずつ挑戦してみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

いきなりすべてのレッスンを

手放してしまうのは

無謀かもしれませんので

少しずつ挑戦してみましょう

では一本のレッスンを手放し

移動やお客様のお見送りなど含めた

3時間、1ヶ月計算で12時間を

自由に使えるとしたら

どんなことをしますか

例えば、12時間あれば

今まで自分が学んできた知識を

教科書という形にまとめあげる

という作業ができるかもしれません

完成した教科書を

講座とセットで販売すれば

今までの講座よりも値段設定を

高く設定できるかもしれません

教科書は一度つくれば

永久的に富をもたらしてくれる

ツールになりますから

12時間の投資は

すぐに回収できるはずです

そう考えると一本のレッスンを

手放すことは怖いことではないと

認識できるのではないでしょうか

やらないことを決め

やるべきことに全力投球すると

報酬は間違いなく向上します


HOMEスライド画像.png