自分の商品はどのように値段設定をするのか


自分の商品の値段を

決める場合には

どのような考え方で

値段設定をすればよいのでしょうか

自分の商品の値段を

決める前に

世に出回っている商品を

観察してみると

ヒントがあるかもしれません

何も考えずに

相場がこの値段だからといって

決めてしまうのは

非常にもったいないことだと

思います

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 5円でも高いと感じるサービスがある

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕の近所のスーパーは

5円支払うと

買い物袋を貰えます

よく野菜を買いにいくのですが

家から近いこともあり

僕はそのサービスに5円を払う

価値を見出すことができず

自前の買い物袋を持っていくか

数がすくなければ

野菜を素手で持って帰ります笑

(環境にもいいですね)

【さすが大根を素手で持って帰るのは恥ずかしいですね】

どうやら5円の価値を

見出せないのは

僕だけではないようで

多くの方が自前の袋などを

持ってきているのを

見かけています

5円という安い金額でも

人は価値を感じることができなければ

お金を払うことをしないようです

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 高額でも価値を感じれば購入する

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

逆に高額でも購入したいと

感じるサービスがあります

例えばライザップなどは

2か月間で35万円という

金額としては高額の商品でも

価値を感じる人は買っていきます

2か月間で理想のボディになる為に

投資価値があると判断すれば

例え金額が高額だとしても

未来の自分を思い描き

理想の未来の為なら

安いと感じる人もいるかもしれません

僕自身も100万以上する

サービスを購入したことがありますが

真剣に悩んだ結果

100万円支払う価値があると感じ

購入を決断した経験があります

結果としてその商品は

僕に100万以上の価値を

提供してくれました

ーーーーーーーーーーーーーーー

 どんな価値を提供するのか

ーーーーーーーーーーーーーーー

どうやら価格に高い安いはなく

価値に対して高い安いがあるようです

では

あなたはお客様にどんな価値を

提供していますか

自分の価値を最大化し

提供することができれば

高額の値段をつけても

「こんなに安くてもいいの?」

と思って頂けるかもしれません

もう一度自分が提供する価値とは

一体どんなものなのかを

真剣に考えてみると

今の値段から変更する必要が

あるかもしれません

もしかしたら

自分の商品にとんでもない

安値を付けている可能性もあります

家族や友人に

「この価値が提供できたらいくらになると思う?」

と聞いてみましょう

びっくりする値段を

聞くことができるかもしれません


HOMEスライド画像.png