種まき型の仕事をする


将来の結果に結びつくような

作業のことを

【種まきをする】

と表現することがあります

人間の歴史を見てみると

大昔は、人間は狩りによって

生計を立てていました

毎日がその日の食料を

得ることで精一杯で

仮に今日は食事にありつけたとしても

明日は獲物を確実に仕留める

保証はどこにもありませんし

当たり前ですが冷蔵庫もないので

保存が効かず、目の前の食料に

必死にかぶりついていたそうです

食料を安定して確保する為に

農業の技術が開発され

人間は【種まき】を始めました

そして作物ができてから刈り取り

冬を越す為の食料も保存する

ことができたので

食料を得る計画が立ち、

生活が安定したそうです

ご先祖様すごい!!

という話ではなく・・・。

これはビジネスに置き換えて

考えてみると非常に

面白いと思います

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ハンターの働き方

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

仕事の仕方にも二通りあり

【ハンター型】と【ファーマー型】があります

ちなみ結果の出ていない時の

僕は完ぺきにハンター型でした

目の前のやるべき作業に追われて

種まきなんてする暇がありません

正社員の時は月収をもらう為に

ひたすら目の前の作業をこなし

クビにならないように必死に会社に

しがみついているような状態

独立の準備(種まき)もせずに

荒野に一人旅立ってしましったので

フリーランスになりたては非常に

苦労しました

フリーランスになってからも

ワンレッスンで決まった報酬を頂く

という仕事の仕方を選んだので

レッスンをしなければ

その瞬間に給料はゼロ

正社員もフリーランスになりたての頃も

狩り(仕事)をやめた瞬間に

食事にありつけないという

完璧なハンター型の仕事でした

ではファーマー型の仕事とは

どのようの働き方があるのでしょうか

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ファーマー型の働き方

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

例えばYoutuberなどは完ぺきに

ファーマー型の仕事です

一度動画を撮影しYoutubeにUPするという

種まきをすれば

後はその動画が半永久的に富を

もたらしてくれます

似たような感じますが

テレビタレントさんとYoutuberは

ハンター型とファーマー型に

はっきりと分かれます

テレビタレントは番組への

一回の出演に対して

報酬をもらうという形です

つまり呼ばれなくなれば

報酬はゼロです

Youtuberは一度動画を公開すれば

動画は自分の労働時間と切り離され

自分はなにもしなくても報酬が

入りつづけますし

さらには動画を公開すればするほどに

その額は大きくなっていきます

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

    働き方を変えよう

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

インストラクターやトレーナーは

仕事の性質上どうしてもハンター型の

働き方になりやすくなってしまいます

しかし、インストラクターやトレーナーでも

ファーマー型の働き方を選ぶことはできます

ファーマーになるためには【種まき】の期間

つまり準備期間が必要になります

一気にハンターがファーマーになるのは

種まきをしてから実がなるまでに

時間がかかるのと同じように

時間差があります

僕の場合は

ハンター型の仕事をしながら

ファーマーになる為の仕組みつくりの時間を

意図的に取るようにしました

僕の場合はライザップを真似して

【高額×長期継続】の商品を提供することで

ハンターからファーマーへの働き方へ

少しづつ移行していきました

会員サイトを作成したり

オンライン動画講座をつくったり

ブログを書く

などです

他にもファーマー型の働き方として

ヨガの養成講座などを

想像してみてください

最初に平均して50万ほどの養成講座を

提供した後に継続教育の講座があったり

自社が運営するヨガスタジオの

割引会員などの継続コースがあり

一度お客様になっていただいた後は

長い期間お客様で居続けてもらえる

仕組みができています

もちろんお客様が卒業することはありますが

単発のハンター型の仕事よりも

利益の計算が圧倒的にしやすくなります

最初に養成講座のカリキュラムや

継続教育のシステムを作りあげるのは

非常に大変ですが一度つくってしまえば

そのシステムは一生涯富を生み続けますし

完璧にシステム化した後なら講師を雇えば

自分の時間から完ぺきに切り離すことも

可能になってきます

ご先祖様が冬には狩りをしなかったように

ちょっと休んだとしても

安定して食事にありつける環境を

一緒に作っていきましょう!!


HOMEスライド画像.png