ビジネスとヨガは相性が良い


僕にはビジネスマンとしての自分と

ヨガインストラクターとしての自分が

いると感じています

日々、ビジネスとヨガの

両方を実践していて強く感じることは

【ヨガとビジネスは相性が良い】

ということです

これはヨガが儲かるという意味で

言っている訳ではありません

身体のパフォーマンスや

メンタル、哲学的な思考が

非常に相性が良いと感じているのです

昨日のブログで爬虫類脳の働きで

人間は変化を嫌い

現状維持をしやすい生き物で

変化や進化に恐怖を感じる

というお話をしました

変化への恐怖や不安を解消するのに

ヨガが非常に役に立ちます

ビジネスはどうしても不安定に

なることがあります

収入という意味でもそうですし

マインドという意味でも

とてつもない不安に襲われることや

自分のやっていることが

目標達成に向けて正しい事なのか

わからなくなる時もあります

こういった状態になった時には

ヨガの実践者で本当によかったと

心の底から思います

ヨガはポーズを取り柔軟性を

高めるだけではありません

自分の心身と向かい合い

整えていく効果があるからです

経営者は孤独と言われていますが

孤独で不安な時こそ

ポーズ、呼吸法、瞑想など

必要なものをチョイスして

実践することで

目標達成に向けて

強い身体と精神を手に入れることが

可能になっていきます

実際に有名な経営者(スティーブ・ジョブズ)や

音楽家(ビートルズ)などが

瞑想な実践者であることは

非常に有名ですし

僕の経営者仲間の方でも

ヨガインストラクター以上に

瞑想を実践されている方が

沢山います

経営者の方は自分のパフォーマンスに

強くこだわっている方が

多いようです

以前、経営者の方に

どのようにして脳疲労を

取り除けばよいのかを

聞かれたことがあります

この質問はヨガの養成講座でも

なかなか聞かれません笑

身体の専門家以上に

健康への知識に貪欲の方が

多いと思います

ヨガの専門家ではない方から

マインドフルネスや脳疲労という

言葉が出てくるだけでも

驚きです

今日では

多くの経営者が世界中から

インドに瞑想を学ぶ為に

集まるそうです

どんなヨガの聖典でも

ビジネスを成功させて稼げ

という言葉は使われていませんが

自分の命をどのように使い

他者貢献をしていくべきなのかは

書かれているものがあります

ビジネスとは基本的に

貢献活動ですから

「こんなサービスがあれば

 世界はもっと良くなる」

「この問題を解決することができれば

 多くの人を救うことができる!」

といった強い思いを形にするのが

ビジネスの一つの出発点になると

考えています

そういった視点で考えると

尊敬する経営者の方は

ヨガ的な思考を持っている方が

多いと感じます

自己実現に向けて成長し

人の役に立つことができれば

お金はただの道具にすぎないと

気付きます

未熟な僕でも

お金を稼ぐにも使うにも美学があり

ヨガの哲学と重なる部分が

多くあるのです

ヨガというと

どうしてもお金とかけ離れている

ものと思われがちですが

他者貢献という想いがあれば

お金は汚いものではなくなります

どうか稼ぐことに後ろめたさを感じずに

自分の強みを活かしたビジネスで

より多くのお客様に貢献する

インストラクター兼経営者

に一緒になっていきましょう!!


HOMEスライド画像.png