人生を台無しにする言い訳


言い訳とは合理的な判断をしているようで

実は自分がやらない為の理由を

必死で探し出してくる行為

なのかもしれません

人間には脳には

爬虫類脳という部位があります

爬虫類脳の主な働きは生命維持です

心拍や呼吸、体温調整などの生きる為に

必要な生命維持と共に

安全に生きる為の防衛本能も

爬虫類脳が司っています

爬虫類脳は自己防衛の為

過去に経験したことから

生命維持を脅かすようなことを

回避しようとします

基本的には過去に起こったことから

危険を察知し同じ目に合わないように

行動させようとしますから

まったく経験のない未知の事を

非常に嫌います

新しい行動、つまり

人生を変化させるような

行動が大嫌いなのです

爬虫類脳が正常に働いているからこそ

大きな決断をするときに

人間は言い訳を探して

現状維持を選択しやすくなります

人生を台無しにする

三大言い訳が

「お金がない」

「時間がない」

「自信がない」

です

これらは現状維持をする為に

使いがちな

人生を台無しにする三大言い訳です

現代の日本では

ちょっとやそっとの失敗では

すべて財産の失い再起不能ということは

起こりません

(実際に何億もの借金をした状態から

復活した経営者の知り合いがいます)

つまり

余程のことがない限りは餓死はしません

つまり死なないのです

爬虫類脳がでしゃばるタイミングでは

ありません

ですが僕らは失敗することを極端に恐れ

挑戦することを諦めてしまいます

ある意味爬虫類脳が正常に

機能しているということなのでしょうが

それもなかなか厄介で

現状に多少の不満があったとしても

現状維持にこだわってしまうのです

実際に過去の僕も

大きな決断をする時には

その都度自分の中でどうにかして

現状維持できる言い訳がないかを

探していました

「今はその時期じゃない」

「そんなに投資したら生活ができない」

「失敗したらどうする」

自分だけでは決められずに妻に

「今はやらなくていいんじゃない」

なんて言葉をもらうための誘導尋問のような

相談をしていることに

気が付いたこともあります

そんな相談をしてはいますが

成長したい!自己実現したい!という想いが

やるべき行動を導きだしており

答えは決まっているのに

それでも、やらない理由を探し続けて

いるのです

こういった状況は正常な判断をしている

ように見せかけて現状から進化できない

という困った状況に陥ります

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

その幻想は爬虫類脳が作り出している

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

結局僕は変化し成長し続けるという

人生を選ぶことにしました

今振り返ってみると

決断する時に心配していたことは

ほぼ起こりませんでした

「お金がない」

「時間がない」

「才能がない」

すべてありました笑

つまり僕が心配していたことは

自分の脳が勝手に作り上げた

幻想だったのです

一回この経験ができたことで

僕は変化することを選ぶ傾向が強まりました

当たり前ですが、今でも

重要な決断をするときには恐怖があります

恐すぎて寝れない日もあります笑

ですが僕が描く最悪のストーリーは

どうせ幻想なのです

恐くても実際に行動に移してみると

そんな幻想は起こりません

というよりも

起こらないように行動します

決断とは

退路を断つという意味です

背水の陣で悠長に構えている

暇はありませんし、なにより

そこまで肝が据わっていません笑

常に危機感を感じながらも

冷静に進むべき道を選び

行動する必要があります

強い意志で行動をしていれば

決断する前の言い訳は

どっかに消え失せるのでは

ないでしょうか

どうか自分の幻想に惑わされず

自己実現の為の道を突き進んで

みてください!!


HOMEスライド画像.png