新しいメソッドを生み出す 既知×既知


独立したての頃

常に新しいメソッドを

生み出さなければ

生き残ることができないと

焦っていました

テレビでは

毎日のように

新しいメソッドが紹介され

人気のメソッドを

開発したスタジオは

常に入会待ちと

報じられているので

フリーランスのインストラクターとして

生き残る為には

自分が全く新しいメソッドを開発し

お客様に選んでいただく

必要があると感じていました

しかし

凡人の僕が思いつくものは

どんなことでも既に先人がいて

身体を鍛えたり、整える

メソッドはやり尽された感が

あったのです

全く新しいメソッドを

作り出すのは自分には無理なのかな

と半ば諦めかけていました

そんな時期に

ある日テレビを見ていると

最近話題沸騰中の

新しいダイエットメソッドが

紹介されていました

タレントさんが

そのメソッドのエクササイズを

何種類か実践していたのですが

僕は「う~ん、これ全部ヨガの動きだな」

と感じていました

ですが

僕も含め誰もパクリだ

二番煎じだ!!

と文句はいいません

何故なら

そのメソッドではヨガの動きを取り入れ

ある目的にフォーカスをし

しっかりと効果を出し

創始者のオリジナル性の高い

ストーリーが明確に語られて

いたからです

ヨガのポーズや筋膜リリースなど

既存の知識を取り入れており

動き自体は目新しいものは

ないものの

既存の知識を組み合わせることで

新しい価値を生み出しており

創始者が何故メソッドを

作るに至ったのかが

印象に残るストーリーも

語られていることで

メソッドとしては

非常にオリジナル性が高い

という印象を受けました

よーく考えてみると

今ではメジャーになったメソッドでも

既存の知識を組み合わせて

作ったものが多いのではないでしょうか

例えばピラティスでは

ヨガの動きも取り入れていますし

リハビリの知識も取り入れています

既存の知識

つまり既知と既知を組み合わせ

で新しい価値を提供することができれば

それは新しいメソッドとなり

よりお客様に貢献できる

素晴らしい価値を生み出します

全く新しい物を

ゼロから生み出すことは

非常に難しい事ですが

すでにある既存の知識を編集し

より効果が出るものを

作り出すと考えればそれほど

難しくないのではないでしょうか

まとめると

新しいメソッドは

●既知と既知の組み合わせで作る

●自分だけのストーリーがある

エクササイズなどの動作は

一度公開してしまえば

簡単に真似されてしまいますが

あなたの想いやストーリーだけは

絶対に真似されません

もし新しい価値を生み出したいという

強い思いがあれば

この考え方で取り組んでみると

面白いかもしれません


HOMEスライド画像.png