直感力を磨く 問題解決の種 多読


自分一人では解決できない悩みは

すでに達成した人に

聞いてしまうことが

一番手っ取り早く

問題解決をしてくれます

僕の経験上

一人で悩んでいて解決できた

ことのほうが少なく

また悩んでいる時間とは

本当はすでに

答えは決まっているのに

行動に移すのをためらい

未だに悩んでるポーズをして

行動を先延ばしにする為の

時間だったりします

大きな決断はもちろん

日常的にやらなければいけない

めんどくさい事務作業の前にも

悩んでいるフリをして

決断や行動を

先延ばしにします

この時間のもったいなさと言ったら

ありません

ですから悩み始めたら

すでに悩みを解決している人に

聞いてしまえばよいのです

答えを一瞬で提示してくれます

あとは悩むことなく

行動あるのみです

未来は現在の行動で

決まってきます

悩んでボーッとしていても

望む未来は

やってこないではないでしょう

即行動をする為にも

どんどん教えを請いに行きましょう

ですが

答えを持っている人は

忙しい方が多く

直接会うことは難しかったりします

そういった時は以前も紹介しましたが

私淑をしましょう(8/12ブログ)

私淑(ししゅく)とは

面識のない人を著作などを通じて

師と仰ぎ、その言動を模範として学ぶことです

僕は悩みや迷いが生じた場合には

解決してくれそうな本を探し出し

読むことで問題を解決していきます

一人で悩むよりも圧倒的に

答えが導き出されるスピードが速いので

オススメの方法と言えます

この方法を何度の繰り返していくと

悩みのレパートリーが少なくなってきます

そして、自分一人でも

経験値を活かして

問題解決をする直感力が身に付きます

今までの経験から

「この方法を選ぶと痛い目を見るぞ」

とか

「一見するとリスクがありそうだけど

こっちのほうが確実だ」

など経験が積み重なって

悩む時間がほぼなく

瞬間的に答えが出てくることがあります

やはりそういった感覚を

身につける為にも

多読をすることが

重要になってくるのではないでしょうか

ヨガのレッスンでもそうですが

経験が積み重なってくると

予定したポーズを突然やめて

違うポーズを指導することもあります

これは僕が経験したことを元に

無意識レベルで決断して

最善手を選ぶことを

しているからでしょう

新人の時は

当たり前ですがそんな直感力はなく

先輩が作って下さった

レッスンをただ必死に

真似していきました

ヨガもビジネスを基本的に

一緒だと思っています

最善点を選ぶ直感力を

身につけるには

経験しかありません

読書とは他人の

気づきや経験を

疑似体験できるツールですから

多読をして経験値を手に入れていきましょう!!


HOMEスライド画像.png