報酬は自分で決める


人は自分が商品を買う立場であれば

できるだけ安く買いたいと思います

基本的には誰もがそうなのではないでしょうか

相手に報酬を決めてもらうということは

自分で価格の決定権を持っていないということ

相手が安く提案してきたら

多少上げてもらうことはできても

ほぼその値段で仕事を引き受けることになります

僕自身も相手から提案された額で

高値だったことはほぼありません

基本的には安値の仕事が

圧倒的に多いのが現実です

例えば会社員の時であれば月収は

だいたい20万ほどでしたし

フリーランスになってからはワンレッスンで

4000~5000円といった報酬額でした

これらの報酬は

形式上双方の合意があるといっても

実施には僕に交渉できる余地はありません

決めれた報酬で働くしかなかったのです

今振り返ってみると

月収を上げていくタイミングで一番肝心だったこととは

自分で商品を作り、自分で値段を付けたことです

作った商品は本当に人の役に立つと感じましたし

僕以外からは買うことができないサービスだったので

自信をもって高値を付けることができました

さらにこの商品がもっと世に広まればさらに社会貢献ができると

ワクワクしながら自信をもって商品を売ることができています

苦手意識の強かったセールスからも解放されたのです

マインドセットとしては必要な人に

届けばよいという考え方なので

がつがつ売り込む必要もありません

もし、他人に報酬を決められていて

その額に納得がいかない場合には

自分の強みを活かした商品を作り

自分で値段設定をしてみてはいかがでしょうか?

あなたが積み上げてきた経験を高値を払ってでも

必要とする人は沢山います!!


HOMEスライド画像.png