コンプレックスを克服して武器に変える


僕は専門分野のひとつである解剖学は

強烈なコンプレックスを克服して

自分の強力な武器へと変えた

という経緯があります

僕がまだ一年目の新米のヨガインストラクターだった時に

会社の先輩方の前でレッスンチェックを

してもらう機会がありました

結果としては

先輩方に強烈なフィードバックをもらい

最高に悔しい思いをしたことを

今でも覚えています

「君のレッスンから学ぶものはない」

と言われたときは全身の血が沸騰するかと思うくらい

強い感情が芽生えました

今思えばとてもありがたいことでしたが

当時は、相当に堪えました。

その時に僕が心のそこで決めたことがあります

それは、解剖学を徹底的に勉強して

科学的な根拠のあるヨガを提供することでした

解剖学ならあいつに聞けばいいよ、と

言われるくらいに圧倒的な知識をつけよう

強く誓ったのです

今では解剖学は僕の専門分野の一つとなりました

解剖学をインストラクターに教えたり

一般の生徒さんにも伝える講座を開いたりしています

当たり前のことですが

誰もが最初は学習者です

先生と呼ばれる前は生徒であり

先生と呼ばれるようになったあとでも

ある意味一生涯、生徒なわけです

一人の生徒として

自分自身のコンプレックスと向かい合い

克服した人だからこそ

次の学習者の「○○できない」「自分には才能がない」

というネガティブな気持ちに寄り添うことが可能で

思いやりのある先生とした活躍できるように

なるのではないでしょうか

あなたは何を学びたいと思い、実際に学んできましたか。

人間は、自分が学びたいと思っていることを

人に教える生き物だそうです

あなたの悩みや克服してきた分野で

悩んでいる人は沢山いることでしょう

もし、あなたがその解決方法を提供できたら

最高の他社貢献ができるに違いありません

ぜひ自分の価値の棚卸をしてみてください


HOMEスライド画像.png