自己投資 お金について学ぶ


僕は学生時代、先生が教えてくれる授業にまったくといっていいほど興味がもてませんでした。今思い返せば、英語などは、もう少し真面目に聞いておくべきだだったと思います笑

とにかく僕は学生時代の膨大な授業の時間をボケッと過ごすタイプの人間でした。人は興味が持てない分野に関してはまったく記憶に残らないような作りになっているようです。

もし、学生時代に先生が、お金についての授業をしてくれていたら、僕は誰よりも真面目に授業を聞き、予習、復習も真面目にやっていたと思います笑。しかし、今思い返してみても小中高と膨大な学習の時間がありましたが、1時間でさえ、お金について学ぶ時間はなかったと思います。僕がお金について勉強を始めたのは大人になってからです。そして、とても大切なことなのに、誰も学生時代のように「もっと勉強しないさい」っと言ってくれません。お金に関する知識は一生涯使う知識ですが、公の場所で、お金について話すことや、学ぶことは、タブーとなっていてる感覚すらあります。

僕の高校時代のように、お金について話になると「興味がない」と脳がシャットダウンしてしまうのはとても勿体ないことです。

まず、お金についての考え方ですが、お金に対してマイナスイメージを持ち続けている場合は当たり前ですが、お金は増えません。お金とは、他者貢献して、喜んでもらった対価として頂くものです。ですから、お金を頂く時は、他人があなたに感謝している証です。仕事とは本来貢献活動なのですから、沢山お金をもらうことにブレーキをかけないようにしましょう!!

投資についても学ぶべきだと思います。といっても今回は株や、不動産、為替といった類ではなく自己投資について考えてみましょう。自己投資は専門性を高める知識を学ぶことのみではありません。もちろん、専門性を高めるのは大切なことです。ですが、その知識を得たことで自分が他人から感謝され、お金をいただくことができるのか、もう一度考えてみて欲しいのです。あたりまえですが、専門知識を学んだだけでは、お金を頂くことはできません。他人はあなたの資格や知識にお金は払いません。あなたが作ってくれた結果にのみ喜んでお金を払ってくれます。ですから、知識を有効活用してお金を頂ける環境やシステムを整えることは、専門性を高めることと同じくらい大切なことです。その方法についても学ぶ時間を確保する必要があるのです。

実際に僕自身も専門知識のみを学んでいた頃はまったくいっていいほど稼げませんでした。その頃の僕と同じように専門性がない訳ではないのに、稼げていない方を多く見かけることがあります。これは誰からみてもマイナスなことです。その人はもちろん、その人が仕事を続けることが出来なくなれば、サービスを受けたい方に提供できなくなる可能性もあります。ビジネスではお金は血液です、血流が悪くなれば身体を動かすことが出来なくなるように、良いサービスをお客様に提供し続ける為にも、お金について学び、自己投資するべき資金や時間について考えてみるべきだと思います。

専門知識を学ぶことは本当に大切なことです。ですが、その知識を活かす方法を知ることも同じくらい大切です!!どうか、お金を稼ぐこと=汚いことというイメージを変えて、自分も他人もハッピーな状態を作っていきましょう!!


HOMEスライド画像.png