コンフォートゾーンを変える


人間は誰しもがコンフォントゾーンと呼ばれる快適に過ごす事ができるゾーンを持っています。コンフォートゾーンの中で慣れ親しんだ行動を繰り返すことに安心感を感じ、ゾーンの中の行動は不安や抵抗もなく行動することができると言われています。

例えば料理が好きな人にとってご飯を作ることはコンフォートゾーンの中の行動なのでまったく不安なく行動ができます。しかし、慣れていない行動をすると一気に不安になり、究極的にはパニックを引き起こしてしまいます。

基本的に人間は現状維持が大好きなので、自分が慣れ親しんだゾーンを抜け出すことを嫌います。しかし、このコンフォートゾーンを抜け出すことこそが自己成長へと繋がっていくのです。新しいことに挑戦するにはエネルギーが要ります。だから、疲れていたり元気がなかったりする時は、新しいリスクを冒すよりも、慣れ親しんだ習慣に甘んじることが多いのです。

僕の場合ですと、会社員時代を6年間過ごしましたが、先輩も数えるくらいしかいない環境や、ぼけっとしていても毎月お給料がもらえる環境は確実にコンフォートゾーンであったと思います。思考停止状態でも生活できるので、「まあ、このままここにいるのも悪くないかな」と考えていましたが、どこかで自分の人生を生きていない感覚があり、独立することを決意しました。ですが、そんなにすっぱりと行動できたわけではなく、実は退社の報告を上司にするときに作成したメールを送信するのに一時間以上悩んでいました笑

当時金持ち父さん貧乏父さんという本に強く影響を受けて、会社員で居続けることのリスクや経営者や投資家がどれだけ経済的に有利なのか、ということを知識としては知っていたので、会社員を抜け出さなければいけないとは感じていたのですが、どうしても今のコンフォートゾーンから抜け出すことに恐怖を感じていたのです。結果としては思い切って独立することになったのですが、これが僕のコンフォートゾーンから抜け出した瞬間であったと今でも感じています。ですが、コンフォートゾーンが上がったタイミングでは大変な思いをすることが沢山あります。独立してからは初めてことに戸惑い、なんとか試行錯誤して生活をしていました。ですが、独立してしばらく経つと、フリーランスというゾーンが僕にとってのコンフォートゾーンに変わっていたのです。

とりあえず生活に困らないくらいには稼げるようになったタイミングでもう一度コンフォートゾーンを抜け出すタイミングに遭遇します。

それは、ヨガインストラクターとしての専門性だけに頼らずに、経営者としての視点を持たなければいけないと気づいた時でした。まずは、自分の働き方について考える必要があったのです。当時僕は週に15~20本近いレッスンをこなしていました。主に一時間のレッスンで決まった報酬を頂くという契約の仕事です。数もこなしているのでそれなりにお給料は貰っていましたが、これでは正社員の時の働き方とまったくかわりません。むしろ、保証がなくなっただけ不安定ですらあります。多くの時間を消費しながら、報酬も少ないという状態、これが僕が最安値の働き方と定義しているものです。とりあえず生活はできているのですから、ここでも思考停止状態で働き方を変えずに過ごしても良かったのですが、残りの人生をこの働き方で過ごしていいのか?という問いに対して僕の答えはNOでした。

この現状から脱出するべく、今度はヨガインストラクターというコンフォートゾーンから抜け出す行動を始めました。最初は経営者が集まる勉強会やセミナーなどに参加し、彼らがどんな発想で、どんな習慣を持っているのかを学ばさせていただきました。

当たり前ですが、経営者の方は会社員やフリーランスの僕とは思考力や発想がまるで違います。最初は驚きや違和感を感じることもありましたが、そのゾーンに通い続けることで、自分のコンフォートゾーンが少しづつ引き上げられていくことを感じました。

現在が完ぺきに経営者の発想になれているのかというと大分怪しいですが、フリーランスを始めたばかりのコンフォートゾーンとは確実に変化がでています。

コンフォートゾーンは自分で引き上げることもできますが、自分が理想とするゾーンにいる人たちの空間に無理矢理入っていき引き上げてもらうのも一つの手段だと思います。

最初は知らないことや、分からないことがあり、恥ずかしい思いや辛い思いをすることもあるかもしれません。しかし、そんなことは後から良い思い出になります。必死に勉強して後から追いつくことができれば、いつの日にか自分の理想であったゾーンが自分にとってのコンフォートゾーンになっていることでしょう。そして、基本的に上のゾーンにいる人たちは優しいです笑。僕は恵まれていたのかもしれませんが、みなさんニコニコしてそのゾーンのことを教えてくださいます。だから勇気をだして自分のコンフォートゾーンを抜け出して、新しい世界に挑戦してみましょう。コンフォートゾーンを上げれば上げるほど、人間的にも経済的にも成長できます。人間の現状維持は退化につながります。どんどん進化して自己実現を目指しましょう!!


HOMEスライド画像.png