自分の価値は自分で決める


僕がフリーランスとして

働き始めた頃に

一回のレッスンフィーが

時給換算で230円に

なったことがありました

これはかなり精神的に

辛いものがあって

僕の価値は

230円しかないのかと

かなりの自己嫌悪に

陥ったことを覚えています

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 金額はセルフイメージを変える

ーーーーーーーーーーーーーーーー

その後も安い報酬を頂き

せっせと薄利多売の状態で

働いていたので

大した額を稼げない

ダメインストラクターという

セルフイメージが低いまま

生活する為に

長い時間を働く必要がありました

この現状を変えてくれたのが

自分の価値を最大限高めた

高額商品を作るということでした

高額商品を提供できたことで

僕のセルフイメージは

大きく変わったことを覚えています

高い金額でも

僕の商品を選んでくれる人が

いるという現実に

大きな自信をつけることができました

230円インストラクターの時は

自分が提供する商品も

自分自身のことも

それくらいの価値だと感じていました

ですが

高額の商品を持つことで

自分が提供する商品も

自分自身も高額な価値があるのだと

感じることができたのです

よーく思い出してみると

高額講座が売れていない時期でも

高額講座を販売し始めただけで

セルフイメージは向上していました

ーーーーーーーーーーーーーーーー

   商品の金額設定について

ー---------------

マーケティング用語に

【バックエンド商品】

【ミドルエンド商品】

【フロントエンド商品】

という言葉があります

フロントエンド・・・低価格、お客様に自分を知ってもらう役割

ミドルエンド・・・中間価格、バックエンド商品へとつなげる役割

バックエンド・・・高額、利幅が大きく、安定した収入を得られる

僕が一番忙しく

利益が出ていない時には

フロントエンド商品(3000~5000円)

だけでせっせいと働いていました

貧乏暇なしとはよく言ったもので

3000~5000円のみの低額商品しかないので

まとまった収入を得る為には

薄利多売のスタイルを強制されますから

数をこなさないことには

お金は稼げませんでした

今ではフロントエンド商品で

稼ぐという発想は持っていません

自分を知ってもらうという役割を

持たせています

ミドルエンド商品は

僕の場合はワークショップや

集中講座などが該当します

より深い知識や

上質なサービスを提供し

バックエンド商品に

興味を持ってもらう

役割を持たせています

値段設定としては

フロントエンド商品の

10倍が良いと言われています。

バックエンドの良さは

利益を出しやすいということもありますが

もう一つの魅力としては

自分のお金に対する心のブロックを

外すことができることです

他のコラムでも書きましたが

価格に高い安いはなく

価値に対して高い安いがあるので

お客様が求めている価値を

提供できれば高額な商品でも

お客様は喜んで買ってくださいます

お客様のサクセスに対して

お手伝いをするので

売り込んでいる感覚はゼロ

他者貢献をして

お金を頂けるので僕も

お客様も幸せになれる

最高の状態を感じることができます

値段設定としては

ミドルエンド商品の

10倍が良いと言われています。

三つの商品を持つことで

多くのお客様に対応したサービスを

提案できるのもメリットの一つです

自分の価値は自分で決めることができます

他人に決められた金額で働くのではなく

自分自身の価値を再認識し

高額でも選んでいただける

プログラムを作成して

お客様に提供できる

環境を作ることをおススメします


HOMEスライド画像.png