心身を変える道筋


18歳から10年間ヨガを続けてきました。

僕自身が群発頭痛という重い病気を抱え、頭痛を治すべく多くの薬を服用し辛い副作用に悩まされ自分の健康は自分で守るしかないと気づき、心身を根本から変える為に色々な方法を試してきました。結果として現在では辛い頭痛はなくなり楽しい毎日を過ごすことが出来ています。

振り返れば本当に多くにことを試しました。

一時期は筋肉をつけることで健康になれるのではないかと週5で筋トレに励み、筋肉をムキムキにしたこともあります。しかし、筋肉を沢山つけたところ頭痛は治らず、むしろ悪化するという事態を招いてしまいました。

⇧(今より筋肉で体重も8kg重たかったです。)

この失敗で筋肉をつけるだけでは健康になれないと確信できマインドへのフォーカスを始めるよいきっかけになりました。

他にも多くの失敗をしながら今ではヨガやピラティス、瞑想や呼吸法、様々なボディーワークを融合させたオリジナルの自己実践を行い、身体だけではなくマインドまでも整え体調を維持しています。

自己実践の中で数多くの健康法にある共通点を発見し、心身が真の意味で健康になる為の方法を確信していきました。僕が経験してきたボディワークのほとんどが最終的にはマインドへのフォーカスをしていきます。というのも心身とはどちらかだけが健全で健康という事はあり得なく、心身一体の関係性を持っていると偉大な創始者たちは考えていたからだと思います。実際に肉体の不調は心に悪影響を与えますし、心の不調は肉体に形として現れます。

ヨガでは心身の健康を作る為に、まずは身体のコントロールから始めていきます。というのも心をコントロールするよりも身体をコントロールするほうが何倍も簡単に実行できるからです。さらに、身体にも調整していくべき順番が存在します。僕が推奨する順番は

さらに細かい部分もありますが、大枠はこの順番です。

なぜこの順番なのかというと、

柔軟な股関節なくして柔軟な背骨はありえなく、

柔軟な背骨なくして深い呼吸はありえなく、

深い呼吸、身体意識が低い身体での瞑想は難しいからです。

背骨は骨盤に連結してます。股関節が硬く骨盤を動かす事ができなければ背骨は自由に動くことは出来ません。骨盤周りにはたくさんの筋肉がついており、ヨガのポーズはこの筋肉たちを柔軟で強くすることから始めます。

ヨガでスタンディングポーズが一番安全であり初心者が練習するべきと言われているのはスタンディングポーズが下半身の筋肉を柔軟にして骨盤の動きを良くし、背骨を動かす準備をする為です。スタンディングポーズを十分に練習せずに骨盤のコントロールができない状態でシッティングポーズを行っても効果が得られないどころかケガのリスクさせ発生します。

満足とは 足を 満たす と書くように健康な心身は下半身を強く柔軟にすることから始まります。

股関節が柔軟になり背骨が下半身から解放されたら背骨をコントロールする練習に入ります。背骨は脳から全身に指令を送る神経の通り道。この通り道が荒れ果てていれば脳の指令は上手に全身の器官に指令を送る事ができず健康を保つことができません。

例えば指令が行き届かなくなると脳が胃に「上手に食べ物を消化してくださいね」と指令を送っていても胃はそのメッセージを受け取る事ができませんから、上手に消化作業に入ることが出来ません。

胃の下にある腸は免疫力を高める仕事もしています。ですが胃から上手に消化されていないものが落ちてきて大忙しとなり、さらに脳からの指令が来なければ孤軍奮闘、忙しすぎて疲れてしまい免疫力は低下してしまいます。

内臓が健康でなければ人間はどんどん不調になってしまいますから、この現象を放置してよいはずがありません。

内側からの健康を手に入れる為にも脳が指令を送りやすいように背骨を整えてあげる必要があります。

背骨の働きが良くなり神経が行き届けば肺も働きが良くなります。

自由に背骨を反ったり丸めたりできるようになっていれば肺の周りに筋肉も柔軟になり深い呼吸が可能になっていることでしょう。これで心をコントロールする準備が整いました。

呼吸と心は密接に関係しています。人間はイライラしている時や焦っている時は早く短い呼吸となり、リラックスしている時は長くゆったりとした呼吸を自然としています。逆に言えば、その時の感情で無意識に行っている呼吸を意図的に出来るようになれば自分の感情をコントロールすることが出来るようになります。

落ち着かなければいけない時は、細く長い呼吸を行い心を安定させる。

やる気が出ない時は、力強い呼吸を行えば自然とやる気とパワーがみなぎってきます。

身体全体をコントロールできる身体意識と呼吸を自由に操ることが出来たら瞑想の練習に入っていきます。十分な身体意識があれば筋肉を動かさずとも呼吸と共に動く微細な身体の感覚に集中できるようになります。外からみたらただ座っているだけですが実践者は身体のあちこちに集中し、呼吸を心地よいものに調整することでマインドを沈静化させていきます。

健全な肉体に健全な精神が宿ると言われるように。まずは身体を整え最終的にマインドさえも整えることができれば真の健康に近づくことが出来ます。

実際に多くの病気の原因はストレスなどメンタルの問題から引き起こされているのではないかと言われています。僕自身が頭痛を解消したようにヨガの本当の恩寵を感じるように実践することができればこれほど良い道具はないと思います。

新講座でのSMMではこの一連の流れを自己実践できるようにサポートさせて頂いています。ヨガの一部の効果ではなにか物足りないと感じる方はぜひ体験会や個別相談にいらしてみてください!!


HOMEスライド画像.png