気軽に瞑想をはじめる


ヨガをしているのに瞑想をしないなって勿体ない!!と本気で思います。

本来ヨガのアーサナは瞑想状態に入りやすくするために行うものです。身体を柔軟にし呼吸を長いものに変え、ノイズに惑わされず今ここに集中する為にアーサナで瞑想の準備をするわけです。さらに身体への繊細な意識は瞑想中の助けにもなってくれます。というわけで今日は簡単に始められる瞑想の方法をお伝えしたいと思います。

今日は身念処(しんねんじょ)について説明したいと思います。

まず身念処とは簡単に言うと身体を観察する瞑想法です。身体を観察して実況中継をする方法になります。具体的には

楽に座り目を優しく閉じ身体に集中する準備をする。心の準備ができたら身体に意識を送ります。右手➡右足➡左手➡左足➡戻って右手➡右足➡・・・・・

と身体を順番に意識していきます。

右手に意識を置いて観察したら次に報告します。心のなかで「右手がある、右手がある」

といった感じです。意識するだけではなく報告まで行ってください。右手の輪郭の意識や痒みや痛みが出てきらそれも報告してください。何度か繰り返したら右足に意識を移動させます。

他のことを出来るだけ考えないことが重要になります。

おそらく何回か「右手がある」と報告していると、「そういえばまだ仕事のメールを返していなかったな」などと身体にまったく関係のないことを心が報告してきます。

そこで気づいた時にまた身体へ意識を戻して報告を続けてください。最初はなんども雑念がでてきて嫌になると思いますが、繰り返し練習することで徐々に雑念がなくなっていくことに気づけると思います。

よく瞑想で 無 になると聞きますがいきなり無になることを難しいと思いますのでこの方法で何度か挑戦してもらうと徐々に効果を感じることが出来ると思います。

やり方も簡単なので是非取り入れてみてください。

#瞑想 #身念処

HOMEスライド画像.png