感情=自分じゃない


イライラしてどうしようもない時が誰にでもあると思います。

友達とケンカをしたり、上司に理不尽なことで怒られたり。

忘れようと思ってもイライラの対象が頭から離れずにまたイライラが再発してくることも・・・。

でもイライラして得することはあまり無いことは皆さんご存知だと思います。

今日はそんなイライラの解消法です。

まず知ってもらいたいことは 感情=自分 ではない!!ということです。

感情は使いこなせばコントロールできるようになります。

感情に乗っ取られてしまうと 感情=自分 と錯覚するのですが決してイコールではありません!!

脳の働きに影響する神経伝達物質でノルアドレナリンというものがあります。

ノルアドレナリンは怒りや危険を察知し働きます。

適度なストレスは仕事や作業に集中しやすくなるのでいいのですが

大きすぎるストレスを感じるとノルアドレナリンが過剰に分泌され脳の働きがコントロールできなくなってしまいます。

過剰に分泌されてくるとイライラしたり不安になったりします。

常に過剰なストレスを感じ続けると最悪うつ病やパニック障害の症状が出たりします。

つまり怒りという感情の正体はノルアドレナリンということになります。

自分が怒ってしまっているときは

「あ、いま自分の身体でノルアドレナリンが分泌されているぞ』

と一度冷静になってみます。そしてノルアドレナリンの分泌を抑える行動をとればいいのです。

その場でできる行動としては深呼吸があります。できるだけ細く長く呼吸を続けます。

長期的には運動する習慣を生活に取り入れてみてください。

深呼吸と運動習慣はうつ病やパニック障害の為の薬と同じ成分を自分自身の体内で作ることができます。

怒って得することはありません。楽しく毎日を過ごす為に是非取り入れてみてください!!


HOMEスライド画像.png