自重トレーニングの天才は赤ちゃん

最終更新: 3日前


自重トレーニングとは字のとおり、自分の重さを利用して行うトレーニングの事です。

実は人間はだれでも一生懸命自重トレーニングに励んだ時期があります。

それは赤ちゃんの時です。

赤ちゃんは二足歩行をする前に必ず行う動作があります。そうハイハイですね!!

赤ちゃんは首が座ってくると次第に自らうつ伏せの状態になろうとし、そこから背中の筋肉を使い首を高く持ち上げようとします。

僕も友人の赤ちゃんを観察させてもらったことがあるのですが

おそらく僕より反ります笑。

なんでこんな動きをするのでしょうか?それは呼吸器周りを鍛える為です。

背中を鍛え十分な呼吸ができる肺を作っているのです。

さらに成長が進むと今度は腕で床を押しさらに胸を高い位置に持ち上げます。

二の腕を強化し上半身を支えドンドン肺を強化していくのです。

ヨガをしたことがある方ならピンとくるかもしれませんがアップドックの形そのものです。

肺などの呼吸器や背中の筋力が強化されてようやくハイハイに移り時間をかけて二足歩行を習得していきます。

大人にも当てはまることなのですが呼吸器周りが弱いと足腰も比例して弱くなります。

逆に言えば呼吸器周りを強化することができれば力強い足腰を手に入れることができるのです。

ヨガでは赤ちゃんの呼吸や身体の強化を方法を取り入れているものが非常に多く

いつのまにか忘れてしまった自分が習得していたスキルを再習得することで

健康を手に入れる事ができます。

身体が硬いからとヨガを諦めないでください笑。昔は出来ていたはずです!!

#赤ちゃん #ヨガ #呼吸

HOMEスライド画像.png