ゼロからヨガインストラクターになる方法


結論からいうと、誰でも今この瞬間からなれます!!

はい!!私はヨガインストラクターですと名乗れば誰でもなれる職業です笑

食べていけるかは別ですが・・・。

という訳で題名の補足ですが今回の内容は

ゼロから食っていけるヨガインストラクターになる方法です。

様々な方法があると思いますが、僕がおすすめするのは

正社員→フリーランスの順番です。

もしあなたが全く指導経験がないのであればまずは正社員になるべきです。

ヨガの資格を取ってから・・・。と悩む必要はありません。四の五の言わずに正社員笑

理由としては

安定した収入(多くはないけど)が得られます。 おそらく300万前後です。

資格は会社が援助してくれる可能性がある

毎日レッスンが持てる。

クライアントさんが安定してレッスンに来てくれる。

フリーのインストラクターはあふれかえっている・・・。

インストラクターの実力はクライアントさんを見た人数と深く関係しています

まだ無名の自分のレッスンにコンスタントに来てくださるのは本当にありがたいことです。

どれだけの人数を見れるのか、ちょっと計算してみると

一日2本レッスンを担当し週5で出勤、すると一週間で担当するレッスンは10本

一回のレッスンの平均受講者人数を10人とすると 単純計算で一週間に100人の体を見ることができます。

月に400人。年間で約5000人です。

インストラクターとして確実に成長できますね!!そして食っていけます。

次にフリーの実情ですが・・・。

まず業界の謎の神話を崩壊させます笑

インストラクターは常に人手不足!!

TT200時間をとれば困ることはない!!

この謎の神話ですが一体誰が言い出したんでしょうか?断言しますが1000%嘘です。

超有名講師でもない限り一つのレッスン枠をかけてみなさん真剣勝負を繰り広げています。

ちなみに都内のスタジオでは100人以上のインストラクターがオーディションに参加し

5人だけ採用になるような世界です・・・。

いきなりフリーでのスタートはもしあなたが全くの初心者であるならばおすすめは出来ません。

以上のことから正社員でじっくり実力をつけてからフリーランス

もちろんフリーから始めて第一線でバリバリにやっている先生もいますが

本当に、本当に極まれです。

もし旦那さんがいて養ってもらっている状態でお小遣い稼ぎができればいい場合はべつですが

最初からフリーランスはやめたほうがいいでしょう。

実力がつき生徒さんに選ばれるようになってからフリーランスで自分のスタジオを持てば

当たり前ですが会社員時代より全然稼げます!!あと自分の時間も確保できます。

もしあなたがインストラクターを目指すならよーく考えてみてください


HOMEスライド画像.png