ダイエットへの活用

最終更新: 4日前


やせるための大原則は

消費カロリー>摂取カロリー と非常に単純です。

もっとわかりやすく言えばいっぱい食べても、そのカロリーを消費するように運動すれば

太ることはありせません!!

そこで本当のことを言ってしまうと、ヨガはそんなにカロリーを消費しません。

ヨギー(ヨガをやっている人)にスリムな人は多いですが

スリムな人はヨガと同時に食事や他の運動をしている人が圧倒的に多いです。

運動の強度を示す表にMets表というものがあるのですが、ヨガはかなり強度が低く書かれています。

ダイエットにおいて、カロリー消費だけでみるとヨガはとても効率が悪いんですね・・・。

では、なぜ美容やダイエットにヨガを選択する人が多いのでしょうか?

ずばり、そこには瞑想効果が関係してくると思います。

ダイエットの話なのに瞑想となると、途端にあやしくなりますね笑

最近では瞑想をマインドフルネスという言葉で説明される事が多いです。

マインドフルネスとは瞑想から宗教的な要素を取り除いた誰でもできるスキルの事です。

※アメリカではマインドフルネス道場がぞくぞくとオープンしているらしいですよ!!

瞑想効果の一つとしてストレス軽減があります。

ちょっと思い出してほしいのですがイライラしたときに甘いものをドカ食いしたことはありませんか?

あとはお酒を浴びるように飲んだり・・・。

これはストレスを打ち消すための行動と言われています。

ヨガを単純な健康体操として行うのではなく、瞑想効果を引き出すように行うことができれば

甘いものやお酒に頼らずともストレスを軽減することができます。

物に依存してではなく自分の身体だけでストレスを軽減することが可能になります。

うれしいことに経済的でもありますね笑

根本の部分であるストレスを軽減し自分に必要なものだけを取り入れることができるから

リバウンドもなくヨガを続けらる人が多いのだと思います。

マインドフルネスを理解しやすい書籍

#ピラティス #ヨガ #ダイエット #瞑想 #マインドフルネス

HOMEスライド画像.png