%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%

脱サラ後、フリーランスになり失敗した3つの事

3年前に正社員を辞めて

フリーランスのイントラとして

活動を始めました



当時は何を頑張れば良いのかも

分からずに、失敗を繰り返しました

体験してよかった失敗もありますが

今思えばあまり意味のないことに

労力を割いていたと思うことも

多々あります



今日は独立する前に

知っておいたほうがよいことを

お伝えしておきたいと思います


ーーーーーーーーーーーーー

   自分で払う税金

ーーーーーーーーーーーーー



正社員の頃

税金を納めているという

感覚がとても薄かったと

感じています



毎月の給料明細で

数万円引かれているのは

知っていましたが



正社員時代の額を

自分で払うとなると

準備がない状態では

かなりつらい額になります



正社員を辞めて次の年は

正社員の年収から住民税が決まるので

まったく稼げない一年目の

フリーランスでは住民税を

払うのが本当に苦しいです



ある程度フリーランスになる為の

勉強はしたはずでしたが

どんな本を読んでも

確定申告は~青色が~

屋号は~手続きは~



などの情報ばかりで

「住民税を払うのが大変」

という情報は一切ありませんでした



先に言ってよ!!

と数回は絶叫しました笑



もちろん最初からバンバン稼げる人は

問題ありません!


ーーーーーーーーーーーーーー

 詰め込んだスケジュール

ーーーーーーーーーーーーーー



フリーランスになり始めの頃

とにかく仕事をしていないと

落ち着かないという状態を経験しました



今まで正社員で一日8何時間も

働いていたのに

いきなり仕事がなくなり

お金も稼がなければいけないという

焦りから、どんな仕事でも

スケジュールに空きがあれば

どんどん仕事を詰め込みました



仕事がない時は

なんだかそわそわするのです

働いている時間は

その不安から解放されるので

仕事中毒のようにスケジュールは

パンパンになりました



スケジュールがパンパンになり

一定額のお金は稼げるように

なりましたが、ここで問題が

発生することとなりました



ヨガインストラクターは

レギュラーレッスンで

予定をパンパンにすると

急なスケジュール変更に

対応しにくくなります



僕の場合、今の仕事よりも

沢山の報酬を頂ける仕事の依頼が

入ったときに、スケジュールが調整できず

泣く泣く諦めたことがあり

とんでもない機会損失となりました



チャンスの神様は前髪しかない

と、言われていますが

瞬時にチャンスをつかむ為には

スケジュールにはある程度の

余裕を持たせたほうが良いでしょう



逃がした魚は大きいという

後悔は後味が最高に悪いです


ーーーーーーーーーーーー

  犠牲にした身体

ーーーーーーーーーーーー



スケジュール調整と

被る部分もあるのですが

長時間労働をしすぎると

身体を犠牲にして働くことが

多くなってきます



これは僕だけでなく

周りのイントラの話を聞いていると

そういった働き方を選ぶ人が

とても多いことに気が付きます



睡眠時間を削ったり