海外旅行で必要な英語力 カタコトでも大丈夫!


海外旅行に行く前の一番の不安は

英語でコミュニケーションできるのか

ということでした



ですが、いざ行ってみたら

現地の人にどれだけ簡単な英語で

自分の意思を伝えのかは

ヨガのインストラクションと非常に

似ている部分があり



現地の人に話しかけるのが

楽しくなってきました

(楽しい!ワクワクするが

 何かを学ぶときには最強の武器)



中学、高校でもう少し真面目に

勉強しておけばよかったと

感じる今日このごろをつづったブログ


ーーーーーーーーーーーーー

 完璧じゃなくても伝わる

ーーーーーーーーーーーーー



正直な話し、僕の英語はカタコトです

正しい文法なのかも怪しいので

おそらく、英語のテストだったら

点数をもらえない内容だと思います



そんな英語力ですから、現地の人に

長文で話しかけることなどできません



ですが、いざ現地に着いたら

そんなことは言っていられません

簡単な英語で意思を伝えてみます



レストランでは


「This One please」


しか喋りませんし




タクシーに乗れば


「Plese To ○○」



で希望する場所まで行ってもらえます

現在海外に来て、3日目ですが

単語でもコミュニケーションが

可能だと分かると



あれ、自分は結構喋れのではないかと

勘違いを起こしそうです笑


ーーーーーーーーーーーーーーー

 わからない言葉は言い換える

ーーーーーーーーーーーーーーー



日本語もそうであるように

伝えたいことの表現方法は一つでは

ありません



伝えたい事を、どれだけ簡単な言葉で

言い換えることができるのかを

考えてみると閃きが生まれます



伝えたいことが長文になってしまう場合

一度簡単な表現がないのかを考えます



僕の場合、長文でダラダラ話しかけると

高確率で伝わりません笑



短く簡潔に伝えるのが一番かなと

感じています



そういえば、ヨガのクラスでも

簡潔な指示が一番伝わりやすいですね



言いたいことをシンプルに伝えるのは

自分の思考も一度整理されるので

日本語を話すときも習慣付けたいと

強く感じました


ーーーーーーーーーーーー

 ジェスチャーを使う

ーーーーーーーーーーーー



この点がヨガインストラクションと

似ていると思うのですが



言葉だけで通じない場合に

ジャスチャーを使うと理解してもらえる

可能性がぐっと上がります



ヨガでも言葉だけで通じない場合

自分が実際にポーズをやってみせて

視覚的に情報を伝えることをしてみます



単語+ジェスチャーだけでも

かなり伝えることができるので

ヨガイントラとして鍛えた

ジェスチャー力で乗り越えています



妻は自分の服を掴みながら


「ウォシュ、ウォシュ」と言うだけで

洋服用洗剤をゲットしていました笑


ーーーーーーーーーーーーーー

    最終手段Siri

ーーーーーーーーーーーーーー



iPhoneについているSiriに

翻訳機能があるのをご存じでしょうか

 


「ご飯を食べたい。を英語で」



と喋りかけると翻訳してくれます

ただ、コミュニケーションの面白さも

半減するので、最終手段として

使ってみてください



万能そうですが意外に伝わりにくい時も

あったりします


ーーーーーーーーーーーーーー

 英語の先生ごめんなさい

ーーーーーーーーーーーーーー


おそらく、英語の先生方からすると

もっとちゃんと勉強しなさい!

と怒られてしまうような内容だと

思うのですが、許してください笑



英語が苦手が旅行に行けない方も

いると思うので、カタコトでも

行けることをシェアしてみました



勇気を出して、簡単な単語と

ジェスチャーで乗り越えてみましょう!

HOMEスライド画像.png