ヨガインストラクターのコロナウィルス対策 脳科学から見た免疫力の上げ方

コロナウィルスが世界的に流行し

日本での感染者も増えてきました



対策法として

手洗い、うがい、人の多い所に近づかない

などの基本的な事は良く聞きますが

これ以上に出来ることはないのでしょうか



今日はヨガインストラクターとして

免疫力を高める為に人間の心の視点から

コロナウィルス対策をお伝えします


ーーーーーーーーーーー

   病は気から

ーーーーーーーーーーー


「俺は絶対に大丈夫だ!!」

 

と、なんの根拠もなく言い切る

人に出会うことがあります笑

 

 

本人はお医者さんでもなければ

何か特別な対策をしてなくても

自分は大丈夫だと言い切るのです

 


本人がご存知かはわかりませんが

実はこの方法はかなり効果が高いと

考えられます



「病は気から」という言葉がありますが

僕らの脳は不安やストレスを

感じると免疫力が落ちるという

データがあります



コロナなどの感染症は心の状態は

あまり関係ない気がしますが

実は「俺は絶対に大丈夫だ!」と

気力が漲っているときには

免疫機構が向上すると言われています



ですが、残念な事に有事の時にだけ

困った時の神頼みのように

「俺は平気!俺は平気!俺は平気!」

と言っていてもあまり意味はありません


ーーーーーーーーーーーーーーー

  脳は教育する必要がある

ーーーーーーーーーーーーーーー



脳は筋トレと同じで

毎日の積み重ねで進化していきます



ムキムキになりたい人が

一日だけハードなトレーニングをしても

見た目に変化がでてこないように



脳も毎日

「俺は病気にならない!!」

と言い聞かせることで進化します



ですが、ただ言い聞かせればよいかと言うと

さらに効果を発揮する為には

自分が健康に良いと思う習慣を

日常生活から維持することで

「俺は病気にならない!」が

より強化されていきます



例えば、健康に良いと食生活を続けたり

適切な睡眠時間を取っていたり

日常的に運動をするしていたりと



こういった習慣があると

「俺は病気にならない!」が

上っ面だけの言葉ではなく

心の底から信じた言葉に進化していきます



僕が毎日のヨガと読書をするのは

身体トレーニングと脳トレは毎日やるほうが

気が向いた時にやるよりも

何倍も効果があることを知っているからです


 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

  正しい対策法は一体なにか

ーーーーーーーーーーーーーーーーー



最近はマスクが無意味だとか

やっぱりしたほうがよいだとか

様々な情報が飛び交っていて

結局のところ何が正しい対策なのか

わからなくなってきました



僕は自分自身が出来ることとして



【信じる者は救われる】



方式を採用しています



情報が多いこの時代ですから

正直なところ本当に有効な情報か

わからない場合もありますが



自分自身が得た情報で

「これだけやっておけば大丈夫だろう」



と思えるレベルで習慣を見直します

僕の場合、毎日の運動と瞑想

健康的な食事や充分な睡眠などです



もしかしたら、コロナの専門家に

間違いを指摘されることも

あるかもしれませんが



自分が対策はバッチリだと思い込めば

「俺は絶対に大丈夫だ!」という

気力が満ち溢れて、免疫力が向上します



人に教える立場では根拠が必要ですが

個人の健康を守る為には

自分が信じる情報を選択したら

「これで俺は絶対に大丈夫だ!」

でも良いのではないでしょうか



様々な情報に躍らせれ

不安を煽られるほうが

脳科学や心の視点で考えると

健康に良くないと言えます



「祈り」という健康とは関係なさそうなことを

脳科学の分野から解説した本

今回のコロナウィルスに対しての

心構えを知りたい方へオススメ


心の治癒力を科学した本

科学的な根拠まで知りたい方には

オススメの本


HOMEスライド画像.png