%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%

オンラインレッスン、サロンを有料で始める為の考え方【どんな価値を提供するのか】


オンラインレッスンは相場が安い

だから私も無料か安い方がいいのかな?


お金を貰うのは気が引けるなぁ

とりあえず無料で開催にしておこう


コロナ騒動が落ち着き

ジムやスタジオが再開するまで

我慢するしかないのかな!?

でもそろそろ限界!どうしたらいいのー!?



こういった疑問に答えます



本記事の内容

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


●脱無料オンラインクラスの考え方


●自分の価値を明確化する


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今の時期インストラクターならば

誰もが考える有料オンラインレッスンや

有料のオンラインサロン運営



「とりあえず無料で始める」を

脱出したいインストラクターさんに

オススメの記事です


オンラインレッスン、サロンを有料で始めるには


先に結論からお伝えすると

生徒さんにあなたが提供する価値や効果を

しっかりと伝えることができれば

有料にしたとしても生徒さんは

喜んでお金を払ってくれると思います

 


今日は有料にする為の

大切な考え方をお伝えします



では、有料化を目指す前に

なぜ無料で提供しようという発想になってしまうかを

最初に考えていきたいと思います



「とりあえず無料で開催しよう!」

となってしまう場合には

2つのパターンがあると思います

そのパターンは以下の二つ


  • 気持ちよく運動してもらう為の時間を提供している

  • 自分が提供する価値を自分自身が分かっていない


のパターンかなと・・・。

それぞれ解説します


まずは

【気持ちよく運動してもらう為の時間】

を提供しているパターンです



もし、自分が提供するサービスが

【気持ちよく運動をしてもらう為の時間】

であればYoutubeにいくらでもレッスンがあり

なおかつ、どれだけ視聴しても無料なので

【気持ちよく運動してもらう為の時間】は

今現在ではお金を貰えるだけの

価値はなくなりました



【気持ちよく運動してもらう為の時間】

を提供している場合は生徒さんから

「Youtubeを見ているのと変わらないね」

というフィードバックを頂くことになります



例え自分がYoutubeと同じだねと

言われたことが無かったとしても

この言葉にドキリとする場合には



自分が提供するサービスは

【気持ちよく運動してもらう為の時間】

だと心の奥底で気づいている可能性があります



その結果

無料にするという選択を無意識にします



もう一つは

【自分が提供している価値を自分自身が分かっていない】

というパターンです



自分は生徒さんにキチンと成果や効果を出し

有料にしても文句を言われないレベルの

レッスンを提供しているのに

その事に自分が気づいていないと



あれ、私のレッスン

Youtubeや周りのインストラクターと

差別化できていない・・・。



周りも無料だし、私もとりあえず無料で・・・



となってしまいます

これは非常にもったいない事ですね



こういったパターンを避ける為に

大切なのは自分が何を提供するのかを

明確にして理解しておくことです


自分がどんな結果や価値を提供しているのか明確にする


これはオンライン以外でも

言えることですが

提供しているものが不明確であれば

自分も値段を付けることはできませんし

生徒さんは買うことができません