イントラの年収が低い3つの理由


結婚する前

妻のご両親に挨拶する時に

とんでもなく緊張したことを

強烈に覚えています 

誰でも緊張することだとは

思うのですが僕の職業は

フリーのヨガインストラクター

当時はお世辞にも

稼げている状態では

ありませんでした

結果として

お義父さんは少しも反対せずに

結婚を祝福してくれましたが

その期待を裏切らないように

稼ぐインストラクターになると

決意したことを今も覚えています

今だからわかるのですが

インストラクターとして

年収が低くなってしまうのには

明確な理由があります


ちなみにインストラクターとしての

能力は一切関係ありません

働き方の問題なのです



実際に多くの人を救うことができる

最高の技術を持っているインストラクターが

安く使われてしまっている

現実を何度も見てきました

これは誰からしてもマイナスなことです!


今日はインストラクターの

年収が低くなってしまう

その理由をお伝えしていきます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

イントラの年収が低い3つの理由:その1

会社、スタジオ依存している

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



インストラクターの主な働き方は

スポーツクラブやスタジオなどと

業務委託や社員として契約し

レッスンをこなすという

働き方ではないでしょうか

この働き方では

どれだけ自分の能力が高くても

報酬は比例して上がりません

正社員であれば決まった月収が

フリーランスであればワンレッスン対して

決まった報酬が支払われ

レッスン内容やレッスンの質などは

ほとんど考慮されません

この状態ではあなたは自分の提供する

スキルに対して報酬を頂くのではなく

働いた時間に対して報酬を貰っています

極論一時間のレッスンを無事に回せれば

レッスンの質は関係ないのです

自分のスキルに自信があるのに

報酬に対して納得できない方は

能力ではなく時間を提供している

可能性があります

教える場所を求めて

スポーツクラブやスタジオに依存すると

どれだけ高いスキルを持っていても

時間提供型の働き方になります

実際に僕は

他社スタジオとの契約をやめたことで

お会いするお客様と

労働時間は減りましたが

僕の提供する価値にたいしての金額に

納得して来てくださるお客様から

他社スタジオで長時間働き

数をこなしていた頃よりも

多くの報酬を頂いています

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

イントラの年収が低い3つの理由:その2

忙しく働きすぎている

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


忙しく働く事はいいことです

ですが、先程お伝えしたように

自分の労働時間を提供して

忙しい場合には報酬は低いままです

どうして、インストラクターは

週に何本もレッスンをこなしているのに

年収は低いままなのでしょうか

ひとつの理由として

フリーランスのインストラクターが

避けて通れないものに

スタジオ間の移動があります

スタジオでレッスンをしている時間は

お金を払ってもらうことができますが

移動時間は基本的にお金はでません

移動中には基本的にまったく

生産性がないのです

僕は週に6時間移動に

使っていたことがあります

月計算にすると24時間を移動に

使っている計算です

一ヶ月の内24時間も生産性のない

時間を過ごしていたのです

移動はある意味スタジオの為に

ただ働きしているのと同じです

移動時間を含めて

スタジオから払われる報酬を

時給計算すると、とんでもなく低い

時給で働いていることがわかるはずです

これではどれだけ忙しく働いても

報酬があがらないのに

納得いただけると思います


また、こんな経験はないでしょうか?


参加したい勉強会があるのに

レギュラーレッスンがあり

なくなく参加を諦めた・・・



今より条件の良い仕事を提示されたが

前の枠を急に辞めることができなくて

諦めた・・・



これも忙しく働きすぎたり

移動が多い事で起こる現象です



チャンスが目の前に来たら

すぐに掴みに行けるように

自由な時間を増やしておくことも

年収を上げる秘訣です


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

イントラの年収が低い3つの理由:その3

高額商品を持っていない

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


あなたの持っている商品の

一番高い金額はいくらでしょうか



スタジオと契約している場合

ワンレッスンは数千円

マンツーマンなどでは一万円前後

なのではないでしょうか



こういった商品だけで稼ぐ場合

長時間労働を余儀なくされます



一時間で数千円なのですから

まとまった月収を稼ぐためには

多くのレッスンをこなす必要があります



では、仮に10万円の講座を

販売できたらどうでしょうか?

あなたは何本のレギュラーレッスンと

何時間の移動時間から解放されますか?



実際にこういった商品を

販売しているスタジオはたくさんあります

例えば養成講座などは非常に高額ですよね

ヨガの業界でいえば養成講座は

数カ月で50万円前後が相場です



パーソナルトレーナであれば

ライザップなどは2カ月で35万円

プロテインなども購入して

年間契約を結べば約100万円です



あなたもこういった商品を

販売できるかどうかで

収入はもちろんですが

労働時間にまで影響します



高額商品が安定して売れれば

忙しく働くことから解放されます



仮にライザップと同じようなプログラムを

あなたが作成し年間契約を

一人に成約することができれば

あなたの年収は100万円UPします



こういった商品がなく

数千円の商品だけで戦うとなると

インストラクターの年収は

忙しいのに低くなってしまいます



自ら薄利多売のスタイルを選ぶ

必要はありません

インストラクターは勉強熱心な方が

多いのですからファンの方から



「ぜひ売ってください!!」



とお願いされるくらいの講座を作る

知識はすでにお持ちのはずです


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 あなたの力を欲している人がいる

ーーーーーーーーーーーーーーーーー


インストラクターという働き方は

多くの人を健康にし幸せにする

素晴らしい職業です



ですが、その素晴らしいスキルが

本当に必要な方に届いていない

可能性があるのです



年収がすべてではありませんが

お金を上手に使えば

より高度な知識を身に付ける勉強をしたり

あなたの持っているスキルを

より多くの方に届けることができます



素晴らしいインストラクターが

より多くの方に貢献できたら

本当に嬉しく思います



自分のスキルに対しての報酬に

不満がある場合には

この3つのどれかが当てはまっていないか

考えてみてください

HOMEスライド画像.png